一気に一般化したNVMe対応SSD。SATA3の壁を打ち破る性能

SSDの世界では従来のSATA3インタフェースのものから新しいNVMe対応の、PCI-Expressインタフェースの製品に流れが移りつつあります。

自作機ではマザーボードの多くがM.2スロットというSSD専用のスロットを備え、PCI-Expressインタフェースでの接続が可能になる機種が増えたことから、一気に普及が進んだ印象があります。

メーカー製のノートパソコンでも使用機種が増え、ストレージの性能が一気に向上しました。

今回はSATA3インタフェースの限界を軽々と超えていくNVMe対応のSSDに関連するお話をまとめます。

正式名称はNVM Express

NVMeはNVM ExpressとかNVMHCIと呼ばれる、SSD専用とも言えるストレージ用のインタフェース規格のことです。

NVMは「Non-Volatile Memory」の略で「不揮発性メモリ」の意味です。一度データを書き込めば電源を切っても記録内容が保持されるタイプのメモリのことで、今のSSDではフラッシュメモリと呼ばれるタイプが使われています。

スポンサーリンク
広告大

SATAがSSDの足を引っ張る

なぜNVMeが策定されたかと言いますと、フラッシュメモリは不揮発性メモリとしては読み書き速度が速くない方の部類ですが、それでも機械部品が介在するハードディスクとは桁違いの基本性能を持ちます。

従来のSATAインタフェースや、ハードディスクでデータをやりとりするための手順AHCIなどは、ハードディスクの「遅さ」を前提に様々な仕様が決定されています。

このためこれらの仕組みが半導体の動作速度で動くフラッシュメモリには、完全足かせになり始めた、という状況がありました。

NVMeが世に出る前から、普及用のSSDでも連続転送速度はどれも550MB/秒ぐらいで完全に横並びとなっていました。

これはSSDの実速度がSATA3のインタフェースの限界までを使い切ってしまい、完全にSATA3インタフェースがSSDの足を引っ張っていた表れです。

その時から新しいインタフェースを使えば、SSDはまだまだ高速化できることがSSDのメーカーから明らかにされていたのです。

今の高速SSDはPCI-Express+NVMe

今の最新の高速SSDは物理的なインタフェースにはPCI-Expressを4本束ねる形で使用し、データのやりとりの手順としてはNVMeを使う形が基本となっています。

多くのマザーボードがM.2というSSD専用でPCI-Expressを配線したスロットを持つようになりましたので、高速SSDもM.2タイプが多くを占めるようになっています。

NVMe対応のSSD出始めの頃のPCI-Expressスロットに挿すための拡張カード型のものは、逆に数を減らしているかもしれません。

チップセットのサポートとOSのサポートが普及を後押し

インテルの第6世代のCoreプロセッサに対応する100チップセットがM.2スロットのSSDに対応し、Windows 8.1からOS側がNVMe対応SSDのドライバーを標準で搭載したタイミングが上手く合わさることで、NVMe対応SSDが広まる環境が揃いました。

そのタイミングと製品展開のタイミングが上手くかみ合うことで、一気にNVMe対応SSDが勢力を伸ばす形になったのだと思います。

ハイエンドの高速機種から普及機種まで

NVMeの高速性から、最初は高性能・高価格のSSDが数多く登場しました。ですが今では、普及価格帯のNVMe対応SSDも世に出ています。

高性能機種ではサムスンの960 PROなどがその典型です。連続転送で毎秒3,000MB以上のデータ読み出しを可能にしています。

また普及価格帯の機種ではインテルの600pシリーズが代表格です。256GBで11,000円程度、512GBでも24,000円程度の価格はSSDとしてはとても魅力的です。

速度の方はNVMe対応SSDとしてはそこそこですが、それでもSATA3インタフェースのSSDを軽く凌駕する連続転送速度を実現しています。

新しいパソコンでM.2スロットを備えたマザーボードを使われている方、新PCの組み立てを検討されている方は、M.2スロットにPCI-Expressのインタフェースが来ているならば、是非使用を検討したいパーツと言えるでしょう。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です