このタイミングでAPS-Cデジタル一眼レフ発売の意味。PENTAX KP登場

今年も写真・カメラ関連のエキスポ、CP+の季節が近づいてきました。各社新製品をこのタイミングに合わせる形でいくつも発表してきています。

そんな中個人的に興味を引かれたのは、リコーがアナウンスした新APS-Cサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ、PENTAX KPです。

デジタル一眼レフは流れが完全に35mmフルサイズ機に向かいつつある中、エントリークラスではなくミドルレンジの機種をAPS-Cサイズセンサーで登場させたところに面白みを感じました。

今回はリコーの新デジタル一眼レフ、PENTAX KPを取り上げます。

いっそう小型になった雰囲気

一眼レフはデジタルカメラ化して本体がかなり大きくなりました。そんな中でもPENTAXはボディーのコンパクトさで1つ他社よりも抜けたサイズを実現していたイメージがあります。

そのPENTAXブランドらしく、KPもかなりコンパクトな本体を実現できている感じです。

細身のリミテッドシリーズのレンズを付けた状態で、レンズとボディーのバランスがちょうどよく見えるサイズ、というのがPENTAX KPのサイズ感を良く表しているように思います。

また、ペンタプリズム部が大きく見えるデザインになっているのも、本体のコンパクトさの表れだと思います。

正面から見るとカメラの「両肩」が低く見えるフォルムで、背面液晶との比較からもボディーのボリュームの小ささがうかがえます。

スポンサーリンク
広告大

グリップ着脱式

PENTAX KPは今のカメラにしては非常に珍しい、グリップ部の着脱方式をとっています。

今のデジタル一眼レフはシャッターボタンがグリップ側に移動して、グリップをホールドしたときに自然に人差し指がかかる場所にボタンがあります。

これに対しKPではシャッターボタンを昔ながらのボディー本体の上に置き、その分、グリップ部を着脱可能にしました。これで、薄いグリップを使って本体のボリュームをより小さくすることも可能にしています。

この関係で、メインのコマンドダイヤルの配置がちょっと面白い形になっています。

一番薄型のグリップを付けると、どこかフィルム時代のキヤノンA1のような形にも見えますね。

スペックは最新のPENTAXのデジイチそのもの

PENTAX KPの機能は、まさに最新のPENTAXのデジタル一眼レフそのもの、といった内容となっています。

K-1で採用された割り当てる機能をある程度自由に選択可能な第3のコマンドダイヤル、
「スマートファンクション」を搭載。割り当て可能な機能はK-1よりも増加しています。

ボディー内手振れ補正のSR IIやリアルレゾリューションシステムももちろん搭載。レンズの各種光学収差補正機能もあります。

また、PENTAXのデジタル一眼レフの美点の一つである見やすくピントの拾いやすい、視野率100%のペンタプリズム採用ファインダーを搭載しています。

背面の液晶ディスプレイは上下にチルト可能。

AFセンサーはK-3 IIからのキャリーオーバーですが、ファームウェア側の改良でAFも改善されています。

シャッタースピードはメカシャッター使用時に1/6,000秒までと、この部分は少し抑えめ。その代わりに電子シャッターで最高1/24,000秒の超高速シャッターが使用可能です。

APS-Cサイズセンサー搭載機で約2,400万画素の高解像度ながら、ISO感度は最高819200まで利用可能になっています。

さすがにそこまで行くと画質を云々できるレベルではないでしょうが、撮れる、と言うこと自体に意味があるかもしれません。

やはり不思議と気になるPENTAXのカメラ

以前からPENTAXのデジタル一眼レフというのは、自分の使っているメーカーとは異なっても、不思議と新製品が出るたびに気になるメーカーでした。

このPENTAX KPも同じですね。

リミテッドシリーズのレンズなどとも合わせ、サブ機として1台持っても良さそう、そんな雰囲気を醸し出すカメラです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする