Windows 10次期大規模アップグレードでゲームモード搭載へ

Windows 10の次期大規模アップグレードの準備が進んでいます。

プレビュー版では概ね目玉となる機能は出尽くしたようで、ユーザー参加のバグ潰しキャンペーン「bug bash」も始まりました。

そんな中で注目の機能の一つと目されているのがゲームモードの搭載です。

従来から実はWindows 10はゲームソフトとの親和性が高めでした。OS単体でゲーム動画の記録やゲームの実況中継などの機能が備えられていたからです。

この辺りも含め、Windows 10のゲームモードにまつわるお話をまとめます。

ゲーム関連の設定は設定アプリに集約

従来のWindows 10では、ゲームの録画や実況に関する設定はx-boxアプリにまとめられていました。

ゲーム関連はすべてx-boxアプリで、と言う方向も間違ってはいないと思いますが、慣れるまではゲーム録画の設定を探す際に一瞬迷うケースもありました。

これが次期大規模アップデート適用後は、設定アプリの方にまとめられる形になりそうです。

次の設定アプリのスクリーンショットは現在提供されているプレビュー版の最新のものですが、設定アプリのホーム画面に「ゲーム」の項目が登場しています。

この中には従来x-boxアプリで設定を行なっていたゲーム録画の画質や音質の設定、ゲーム実況の生放送用の設定などが含まれるようになっています。

スポンサーリンク
広告大

ゲームモード

ゲームモードは恐らくメインで動いているゲームアプリ側の動作の優先度などを上げて、ゲームの動作を少しでもスムーズにしようとする機能と思われます。

ただ、現在のところはまだマイクロソフト側から詳細な内容は発表されていません。

Windowsなどのマルチユーザー、マルチタスクのOSでは、OSの各種のサービスを動かすために前面でユーザーが利用しているアプリの他に、サービスを支えるための色々なプログラムが背景で動き続けています。

通常はこれらのバックグラウンドで動作するプログラムの負荷が大きく高まって、表側で利用しているアプリの動作に影響を及ぼすことはほとんどありません。

ですが動作に極めてシビアなゲームのプレイ中に、そういったバックグラウンドで動作するプログラムが影響を与えてしまうと、プレイ感などに悪影響が出る可能性が高くなります。

こういったことを防ぐために、ゲームモードではバックグラウンドで動作するプログラムの優先度を下げたり、場合によっては止めて問題のないものは一旦停止させるなどすることで、ゲームの動作をよりスムーズにするのが目的ではないかと思われます。

今ではx-boxの最新機種のOSもWindows 10になっていますから、そちらのゲーム機でのゲーム動作の改善も合わせ、パソコン用のWindows 10にもこういった機能がやってきたとも考えられます。

またほとんどいつの時代でも、実はゲームの最先端のプラットフォームはWindowsパソコンでもありますから。

ゲームモードも含めまた新機能満載のCreators Update

Windows 10の枠の中で新機能もどんどん盛り込んでいくというマイクロソフトの新しい方針通りに、年2回の大規模アップデートでは様々な改善がどんどん組み込まれています。

次に予定されているCreators Updateでも今回取り上げたゲームモードも含め、色々な新機能の追加が予定されています。

bag bashのスタートでいよいよリリースに向けてのラストスパートも始まった感がありますので、また楽しみにしつつリリースを待ちたいところです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です