Windows 10 ProマイナスWin32アプリ?新エディションWindows 10 S登場

しばらくまえ前から軽量版のWindows 10、Windows 10 Cloudのお話が噂されていました。どうやらそれに該当すると思われるWindows 10の新エディション「Windows 10 S」が、つい先日Microsoftから発表されました。

シンクライアント的な「WaaS」の受け口としてビジネスユーザーへの訴求が行なわれる、との観測もあったWindows 10 Cloudですが、発表されたWindows 10 Sは主に文教分野をターゲットに据えた製品とされています。

今回はこのWindows 10の新エディション、Windows 10 Sを取り上げます。

内容的にはほぼPro版?

Windows 10 Sは教育目的で利用する際には、ライセンス料無料での利用も可能なようです。

価格的にHome版の下に位置づけられるエディションかとも思われますが、実際の機能の対照表を見てみると機能的にはむしろHome版よりもずっと上、Pro版にほぼ匹敵する機能を持つようです。

BitBlockerが使えたりAzure ADドメインに参加可能だったり、ビジネスユーザーに必須の各種管理機能も利用可能になっています。

スポンサーリンク
広告大

デスクトップアプリのインストールが不可

Windows 10 Sは文教分野での利用を視野に入れたエディションですので管理機能に力を入れている関係もあってか、従来のデスクトップアプリのインストールができない仕組みになっています。

これは通常のエディションにも導入されているストアアプリのみにインストールを限定する機能を利用して、この機能を切ることができなくしたものだと思われます。

これによりいわゆる「勝手アプリ」の導入が不可能になり、端末の管理が容易になります。

特に各種学校で利用するパソコンでは、生徒などの利用者が不正なアプリを誤ってインストールしてしまうことでセキュリティ面での大きなリスクを招く可能性がありますが、Windows 10 Sならばこのリスクの極小化が可能になります。

Windows 10 Sでインストール可能なのはストアに上げられているアプリだけですから、事前に最低限のマイクロソフトによるセキュリティのチェックはパスしたアプリばかりです。マイクロソフトの管理外のアプリによる不具合の発生なども抑えることが可能になるでしょう。

そういった観点では、Windows 10 S搭載パソコンを導入したユーザー側だけではなく、マイクロソフト側にもメリットのあるシステムと言えそうです。

デスクトップアプリを動かすフレームワークはある模様

ただ、全くデスクトップアプリが動作しないわけではないようです。Notepadなど、ビルトインのデスクトップアプリはインストール済みの状態で出荷されます。

インストールができないと言うだけで、デスクトップアプリの実行環境自体は用意されているわけです。

また、マイクロソフトが準備するコンバーターによりUWPアプリ化ができるタイプのデスクトップアプリは、ストアを一旦通すことで利用が可能になります。

ただ、こちらの方法を全てのアプリで採用可能とは限らないようではあります。

セットアップ内容をUSBメモリから読み込む機能も

大量のパソコンを同じ設定でセットアップする作業を容易にするために、Windows 10 Sにはセットアップ時に設定情報を記録したUSBメモリを接続することで、設定をいっぺんに終わらせることができる機能が搭載されます。

この機能は文教分野だけではなく、社用のパソコン、個人向けのパソコンでも便利に活用できるように思います。

他のエディションにも展開されることを期待したいですね。

まとめ

Windows 10 Sは機能面ではほぼPro版に匹敵する内容を持っています。

さらに、インストール可能なアプリをストアアプリに限定したことで、パソコンの管理を簡素化でき、セキュリティのリスクも招きにくい構成になっています。

そういった観点では、文教分野だけではなくビジネスユーザーにも訴求可能な内容を持ったエディションとも言えます。

教育向けでは無償で利用可能なライセンス体系となるようで、189ドルからの低価格なWindows 10 S搭載機も予定されているなど、本気で文教分野に殴り込みをかけるマイクロソフトの意思も見えます。

しばらくWindows 10 Sの動向はチェックしておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です