Windows 10 S搭載だけど教育向けじゃない?Surface Laptop登場へ

マイクロソフト自らが設計・製造するパソコンのSurfaceシリーズ。実は今まで純粋なノートパソコンがありませんでした。

もっとも普通のノートパソコンに近い形態のSurface Bookも、独自のメカによりタブレット部とキーボードドックの分離が可能です。

そしてどのシリーズも価格がかなり高価なのも特徴でした。

そのSurfaceシリーズ初となる「普通の」クラムシェルタイプのノートパソコンが登場します。形態をシンプルにした分、薄い本体とSurfaceシリーズとしては安価な価格を実現してくれそうです。

今回はSurfaceシリーズの新機種、Surface Laptopを取り上げます。

スペック

Surface LaptopではCPUには第7世代のCore i5またはCore i7を搭載します。Core i7のほうはeDRAMを搭載してビデオ性能の高い、Iris Plus Graphics 640と称されるGPUを統合しています。

液晶パネルはSurfaceシリーズ共通のアスペクト比3:2のパネルを採用。13.5型で2,256ドット x 1,504ドットの高解像度パネルを搭載します。

かなり薄い液晶側筐体を実現していますが、きちんとタッチ対応。Surface Dialやペンに対応します。

メインメモリは4GB~16GB。ストレージはPCI-E接続の高速SSDで、128GB~1024GBを選択可能です。

インタフェースポートは有線LANポート以外はフル装備と言っていい内容でしょう。ただやはり有線LANポートがないのはちょっと残念な用途もあるでしょう。

キーボードは薄型本体ながら1.5mmのストロークを確保。パームレストには、布のようなテクスチャを持ったタッチの柔らかな素材を採用しているようです。手汗が付くなどする場所ですから、クリーニングをどうするのか、ちょっと気になる部分ではあります。

ただ、手触りは非常に良さそうです。

Surface Laptopは完全なクラムシェル型にしたため構造がシンプルで、その分本体を薄型化することができ、重量も抑えられています。

厚さは15mmを切り、重量も13.5型液晶を搭載することを考えると十分に軽いと言える1.25kgを実現しました。

OSにはWindows 10 Sを搭載しますが、少なくともアメリカ国内での販売分に関しては1年間はPro版に無償アップグレードが可能とされています。

バッテリー駆動時間も十分で、公称14.5時間。丸一日の出先での作業も視野に入ってくるでしょう。

スポンサーリンク
広告大

ターゲットは文教分野ではない?

スペックの節に書いたとおり、Surface Laptopは1年間は追加コスト無しでPro版にアップグレードが可能です。

加えてSurfaceシリーズとしては安価、とはいっても、現代の一般的なパソコンの相場から考えると、かなり高価な部類のノートパソコンです。(999ドルから)

そういったことを合わせて考えると、実はSurface Laptopの本当のターゲットは、文教分野ではなくビジネスユーザーなのかもしれません。

恐らくほとんどのユーザーはPro版にアップグレードして利用する形になるのではないでしょうか。

真のMacBook対抗機?

Macには今のところ2in1タイプの機種がありません。

OS自体に関する開発上の問題なのか、はたまたAppleのポリシーなのかは分かりませんが、MacOS Xがタッチパネルに未だ対応していないため、2in1 PCを作りようがない、という部分もありますね。

そういったことからくる製品展開も考えると、Surface Laptopが本当の意味での初めてのMacBook対抗機種になるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です