既にFall Creators Updateに向けてスタート。最新Win10IP版の状況

Windows 10では毎年2回、春と秋に大規模なアップデートを繰り返しながらOSを成長させていく戦略がとられています。

この半年に一度の大規模アップデートというのはよく考えるとやっぱりすごいことで、先日Creators Updateがリリースされたばかりだと思っていたら、もう既に開発側は秋の大規模アップデートFall Creators Updateに向けて走り出しています

それがWindows 10のインサーダープレビュー版でも目に見える形で明らかになり始めました。

今回はWindows 10インサイダープレビュー版の最新の状況を少しお知らせします。

連絡先をタスクバーにピン留め

かなり以前からアナウンスされてきた機能ですが、なかなか今までの大規模アップデートには収録されませんでした。

そのPeopleアプリの連絡先をタスクバーにピン留めできる機能が、遂にFall Creators Updateで実装されそうです。

2つ前のプレビュー版に登場しています。

タスクバーにピン留めした連絡先からSkypeなどで直接連絡が取れるようになります。

スポンサーリンク
広告大

Edgeの機能強化

ブラッシュアップが進んでいるEdgeですが、まだいくつか使いにくい点を残しています。その残る弱点を一つずつ潰しにかかってきている印象ですね。

ブックマーク周りにまだ弱さがあるEdgeですが、プレビュー版ではブックマークを直接フォルダ内に作成できるようになりました。

また、電子書籍のEPUB対応機能が強化されています。

Edgeのブックマークをタスクバーにピン留めすることも可能になります。こういった強化により、タスクバーが単なるファイルやプログラムのポータルではなく、より広い意味で活用できるように変貌していきそうです。

タスクマネージャーでGPU負荷も監視可能に

タスクマネージャーの詳細表示画面では、ハードウェアの稼働状況をかなり正確に監視することが出来ますが、この項目にGPUが追加されます。

ゲームを本格的に遊ぶユーザー以外、あまりGPUの負荷を気にすることはないでしょうが、ノートPCではGPU負荷がファンノイズの大きさにかなり直結してきます。

また、この機能の実装は今後マイクロソフトがよりGPUの処理能力の活用を図ろうとする前触れになるのかもしれません。単純な数値の計算などでは圧倒的な処理能力のあるGPUですから、実は活用しない手はありません。

MR機能の実現とも合わせ、マイクロソフトは何かの意図を持ってこの機能を載せてきたのだと思います。

Windows Story Remixが公開

マイクロソフトの画像に関するディープラーニングの成果を反映して、OneDriveなどにある画像、動画のシーンを認識し、自動でストーリーのある動画やスライドショーを作れるツール、Windows Story Remixの開発バージョンが利用可能になっています。

フル機能が実装されれば、動画内などの空間認識も行なって動画に3Dのオブジェクト、エフェクトの配置も可能になるようです。

ちょっと試してみたところではスライドショー動画の作成はとても簡単で、適当なBGMも付けてくれます。使い勝手もとても良く、上手く仕上がればFall Creators Updateの目玉の一つになるかもしれません。

不具合も…

ただ、やっぱりプレビュー版では不具合も出ます。

特にFast Ringでリリースされる物件にはバグがそれなりにあり、手元でHome版のプレビュー版をインストールしているノートPCは、何度アップグレードを試みてもインストールに失敗してロールバックがかかってしまいます。

新しい機能を試したい方も、メインで利用するPCにはインストールしない方が安全です。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です