GPUもアーキテクチャ一新。AMDの新ハイエンドRadeon RX Vega64

AMDはGPUジャンルでも苦戦が続いていました。

NVIDIAが一般PC向けには非常にグラフィクスの処理効率の高いチップを開発したのに対しキャッチアップが遅れ、実性能面でかなり置いていかれた感が出てしまっていました。

ここのところRadeon RX480や580は、本来のグラフィック処理ではなく仮想通貨のマイニング用途で飛ぶように売れているようではありますが、従来の3Dの画像処理用途ではゲーム用などにはGeForceシリーズの牙城を全く崩せていませんでした。

その状況に少し変化が出てくるかもしれません。

いよいよAMDから新ハイエンドGPU、Radeon RX Vega64が登場します。

2世代ぶりのハイエンド

AMDではハイエンドのGPU開発を1世代スキップしています。

Radeon RX480や580の世代ではGeForceシリーズのハイエンドGPUとの衝突は避けた、そういう感じの施策をとっていました。

このためAMDの真のハイエンドGPUはRADEON R9世代のあとの後継機がない状態でした。

それが今回ようやく真のハイエンドと呼べるチップの登場で、また本格的なGeForceシリーズとの性能の競い合いが再開されるかもしれません。

未だ明らかにならない新CoreプロセッサSkylakeのアーキテクチャ

スポンサーリンク
広告大

アーキテクチャ一新

Radeon RX Vega64では、GPUのマイクロアーキテクチャの見直しが入りました。

最近のトレンドであるGPUを使ったディープラーニングの用途への対応に配慮する形で、16bit精度の演算命令などが追加されています。

統合される演算ユニットはSP数に直して4096。RADEON R9時代のハイエンド機と同レベルのSP数ですが、演算性能自体は大幅にアップ。これは、設計などの徹底的な見直しによる動作クロックの向上でほぼ賄われています。

空冷でも最大1.6GHz程度での動作が可能になりました。

動作クロックの向上のためには、プロセッサの動作の中のパイプライン段数を増やすケースが多いのですが、Radeon RX Vega64ではパイプライン段数の見直しは行なわず、動作回路のうち遅延の大きい処理の設計を見直すことで高クロック動作を可能にしています。

また、スタックドメモリとしてHBM2を8GB搭載。

圧倒的と言えるようなメモリ帯域ではありませんが、十分に高速なデータの転送速度を実現しています。

ただ、今どきの一部の超重量級3Dゲームには、8GBのVRAMでは少々足りないケースもでてくることはありそうです。

また、グラフィクス用途以外の演算処理においては8GB程度のメモリでは恐らく全然不足で、そのためのメモリモデルの見直しも行なわれています。

GPUの仮想メモリ空間にパソコンのメインメモリ側やストレージを直接マッピングできる機能が実装されていて、この使い方では8GBのHMB2がキャッシュメモリのように働くことになるようです。

遂に登場16コアのモンスターCPU、AMDのRyzen Threadripper

実性能もなかなか

Radeon RX Vega64は実性能もなかなか健闘しているようです。

さすがにGeForce GTX 1080Tiは競争の対象にならなそうではありますが、無印の1080や1070とは肩を並べられる水準まで到達しています。

AMD派としては、おそらくは「やっとか」といった感じかもしれませんね。

ただ消費電力はやはりGeForceシリーズよりもある程度高めで、電力効率の面ではまだ後塵を拝することになりそうです。

それでもRadeonのハイエンドビデオカードを待ち望んでいたユーザーは多いはずで、そういった人たちへの朗報になることは間違いなさそうです。

ハイエンドのRadeon RX Vega64がアメリカ国内では499ドルでの発売ですが、例のAMDの為替レートの関係で日本国内では7万円台での発売となります。

この辺りの改善が行なわれれば価格面での競争力が大幅に向上することになると思いますので、AMDにはその辺りの再考をぜひお願いしたいところです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です