ニコンからも35mmフルサイズ高画素機登場へ。D850発表

35mmフルサイズのデジタル一眼レフのジャンルで高画素機への流れを最初に作ったのは、ニコンのD800シリーズでした。

その後しばらくなりを潜めていたキヤノンがEOS 5Dsシリーズで一気に約5,000万画素まで画素数を増やしましたが、その後しばらくニコンには動きがない状態が続きました。

今のデジタルカメラはセンサーも映像エンジンも、機能・性能とも非常に高度化していますので、短いスパンで簡単に開発が出来るものではありません。

それぞれの機種のリリースタイミングのズレは、そのあたりの事情が反映されているはずです。

こういった事情もあり、ニコンのD850はまさに満を持して、といった感じ、タイミングでのリリースとなりそうです。

今回はニコンの35mmフルサイズデジタル一眼レフの高画素機、D850を取り上げます。

スペック

D850の画素数は約4,575万画素で、ライバルとなるであろうキヤノンのEOS 5Dsシリーズより約1割少ない画素数になっています。

ですがそれでも撮影できる画像の解像度は8,256 x 5,504ドットと、極めて高解像度です。

組み合わされる映像エンジンはD5と同等のEXPEED 5

センサーが裏面照射型となっていて基本的に高感度に強い素性を持つはずですから、その部分と映像エンジンのノイズ処理能力との合わせ技で、高画素機ながら常用最高ISO25600が利用可能です。

拡張設定ではISO102400も使えますが、拡張域は恐らく非常用の画質に留まると思われます。

解像度の点ではEOS 5Dsに1歩譲りますが、D850は本体のみで毎秒最高7コマの連写が出来、ブースターの接続で毎秒9コマまで連写速度を上げられるところが特徴の一つです。

動きモノの世界にも超高解像度、高画質の流れを持ち込むカメラになるかもしれません。

この高性能は新世代の高速メモリカードXQDカードの採用が下支えしています。

D5でも同様の傾向があったはずですが、メモリカードに高速なXQDカードを使わない場合には、連写可能枚数にかなり制限が出るはずです。連写性能が必要なユーザーは注意が必要になりますね。

AFセンサーもD5と同様のものが採用され、AFフレーム数は153と高密度。ですがユーザーが任意に設定できる測距点はそのうち最大55点。残りはAF抜けを防止するためのアシスト測距点となります。

また、先膜、後膜動作とも電子化した、完全電子シャッターも遂に採用されました。連写時の振動防止が期待できます。

電子シャッターによるローリングシャッター歪みに触れられていますので、積層型のセンサーではなさそうです。

CASE RELAYでモバイルバッテリーをデジカメでも

スポンサーリンク
広告大

微妙に異なるポジション?

キヤノンのEOS 5Dsシリーズがどちらかと言えばほぼ完全に動かない風景写真的な被写体をターゲットに据えているように見えるのに対し、D850は動きのある風景、といったジャンルも視野に入れているように見えます。

鉄道写真などは新しい感性を持つプロなどが増えて、かつての型どおりの鉄道写真のイメージを打ち破る作品が増えてきました。

そういったジャンルを撮影するユーザーに訴求できる性能を詰め込んできた印象のカメラです。

キヤノンから新デジタル一眼レフ2機種登場。EOS 6D MarkIIとKiss X9

ニコンの次の映像エンジンはどうなる?

D850の詳細発表でちょっと気になった部分は、映像エンジンがD5と同じEXPEED 5に据え置かれたところです。

キヤノンがこの部分の新規開発に積極的なこともありますが、キヤノンでは既に現行のEOS-1Dシリーズから代替わりした映像エンジンを大々的に使い始めています。

ニコンでは高級コンパクトデジカメのDLシリーズが、外見え上は新映像エンジンのEXPEED 6系と一緒に失敗したように見えています。

内部でEXPEED 6系の開発が続いているのか、それともそこをスキップしてEXPEED 7が次に世に出るのか。今のデジタルカメラでは極めて重要な存在となった映像エンジンがどうなるのか、注目した方が良いところかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です