キヤノンの85mmは3本体制に。EF 85mm F1.4L IS USM追加

多くのメーカーの85mmクラスはF1.4が最も明るいレンズで、ポートレイト用レンズのフラッグシップモデル、といった雰囲気を出す製品が多くなっています。

ですがキヤノンはEFマウントの大口径さを活かす形で、85mm F1.2という製品を持っています。

半絞り分の開放F値の明るさが差別化の要因になっていましたが、さすがに重くて大きなレンズですので、機動力がより高く高画質のレンズを求める声も多かった模様です。

結果、キヤノンも85mm F1.4クラスに参戦する形になりました。しかもそれだけではなく、このクラスでは珍しい光学式手振れ補正機能を備える形で。

今回はキヤノンの新Lレンズ、EF85mm F1.4L IS USMを取り上げます。

今敢えて激戦区への参入

85mmの明るい単焦点レンズは、レンズメーカーも含めた「レンズ戦争」の激戦区の一つです。

シグマが超本気を出して徹底的に画質にこだわった85mm F1.4製品を投入したこともあり、レンズの光学性能の競い合いでホットなジャンルの一つになっています。

タムロンは敢えて少し開放絞り値を抑えて光学式手振れ補正機能を内蔵したレンズを出すなど、各社とも他社との差別化でもしのぎを削る状況が生まれています。

キヤノンはそんなジャンルにF1.4の明るさと光学式手振れ補正機能の両方を搭載したレンズを投入してきました。

手持ち撮影の機動力を」といったコンセプトのレンズだと思いますが、EF85mm F1.4L IS USMはレンズだけで1kg近い質量のある重量級レンズです。

今敢えてこのジャンルに飛び込んでくるからには、レンズに対する自信があることの表れだと思いますが、このレンズがどんな写りを見せてくれるのか、実写レポートが楽しみです。

カメラデジタル化とは完全に逆行なれど、なくならないチェキフィルム

スポンサーリンク
広告大

スペック

EF 85mm F1.4L IS USMのレンズ構成は10群14枚構成。

かつては中望遠レンズは変形ダブルガウス的な構成が多かったように思いますが、今のレンズはかなり複雑な構成を取っていて、テレフォトタイプっぽい、ということ以外は何タイプといっていいのかよく分からない構成になっています。

絞りはボケ味に配慮した9枚構成の円形絞りを採用。フィルター径は大口径レンズとしては控えめかもしれない77mmのものでOKです。

サイズは直径88.6mm、長さ105.4mmとかなり大柄。重量も約950gあり、組み合わせるカメラボディーとのバランスが気になりそうなレンズではあります。

キヤノンが公開しているMTF曲線を見ると、F1.4解放時は思いの外グラフは上に寄っていません。特に30本/mmのグラフが低めの位置にあって、どうやらレンズの性格的に絞り開放からカリッカリの描写、と言うタイプのレンズではなさそうです。

絞り開放近辺では若干のにじみを伴うような柔らかい描写が楽しめるレンズとなっている可能性がありそうです。

その代わりF8時には、10本/mmのグラフも30本/mmのグラフもかなり高コントラストを示すデータになっていますので、絞っていくにしたがってレンズの描写がカリカリ傾向に変化していくタイプのレンズかもしれません。

EF85mm F1.2L USMでは確かフォーカス駆動は全群繰り出し式を取っていたと思いますので、リングUSMを持ってしてもAF速度は遅めだったようです。

このため明るい85mmでより速いAF速度を求める声が大きく、EF85mm F1.4L IS USMではAFの高速化も行なわれているようです。

本当に「高画質」って必要?

激戦区で存在感を示せるか?

先にも書きましたとおり、今のデジタル一眼レフの85mmクラスのレンズはまさに激戦区です。

その中に満を持して登場した形になったこのレンズ、存在感を示していけるのか、注目に値するかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です