ロジクールから7年ぶりに新作トラックボール。MX ERGOデビュー

今、パソコンのポインティングデバイスの主流はマウスです。

かつての機械式のマウスでは読み取り精度や使い勝手の面でもう一つの部分を残していたため、その他のポインティングデバイスもそれなりの割合で使われていました。

そんなポインティングデバイスの一つがトラックボールです。

一部の使い勝手で未だにマウスを超えるような部分も持っていることから、根強いファンのいるデバイスでもあります。

ですが、ポインティングデバイスの市場シェアはマウスがほとんどを押えてしまっているため、トラックボールの新作が出ることはまずありません。

そんな状況の中、ロジクールからハイエンド製品の証である「MX」の名を冠したトラックボールが登場しました。

今回は7年ぶりに登場したロジクールのハイエンドトラックボール、MX ERGOを取り上げます。

親指型のトラックボール

トラックボールの基本構造は、かつての機械式のマウスをひっくり返したような構造になっています。

ボールを指先で転がしてポインタをコントロールします。

昔のトラックボールは機械式のロータリーエンコーダーでボールの回転を読み取っていましたが、今はトラックボールの回転検出の仕組みも光学式に変化しています。

また、トラックボールには人差し指でボールを動かすタイプと親指で操作するタイプがありますが、MX ERGOは親指操作のタイプになっています。

親指操作タイプのメリットはボタンやスクロールホイールの配置を一般的なマウスと同様の形に出来ることです。マウスから移行するユーザーにもとっつきやすい形になります。

GPUもアーキテクチャ一新。AMDの新ハイエンドRadeon RX Vega64

スポンサーリンク
広告大

2つのデバイスとペアリング可能

ロジクールのその他のマウス製品と同様に、MX ERGOは2つのデバイスとのペアリングが出来ます。

1つはロジクール独自の無線接続であるUnifying、もう一つはBluetoothによる接続です。

この2つの接続を任意にボタンで切り替えが出来ますし、ロジクールの画期的なギミックである「FLOW」によって自動切り替えも出来るようになっています。

人間工学的な配慮のある形態

MX ERGOも多くのロジクール製品に通じる人間工学的な配慮をなされた形態をしています。

マウスよりも大きめの本体で、手のひらを完全にトラックボール本体に預ける形で利用することになると思います。

また、本体の下に角度を付けられるヒンジを持った金属プレートがあり、通常の状態からさらに20度角度を付けて利用が出来ます。

ゲーミングノートPCの常識が変わる?NVIDIAの新コンセプトMAX-Q

トラックボールのメリット

今でもトラックボールに根強いファンがいる理由は、トラックボールにはマウスにないメリットがしっかりとあるからです。

トラックボールはマウスのように本体を移動させる必要がありません。このため机を広く利用することができます

また、手のひらを完全にトラックボールに預けてそこを支点とし、指先で微妙なボールのコントロールが行ないやすくなっています。このためマウスよりも細かなポインタのコントロールが行ないやすくなっています。

ボールから指を離すと完全にポインタは静止しますので、ダブルクリックなどの際にポインタがぶれることが一切なくなります。

手首への負担も少ないデバイスですね。

ただその代わり、ボールの回転方向からポインタの移動のイメージを作りにくく、大きく素早くポインタを動かすとか、手書き図形やイラストをフリーハンドで作画するには向いていません。

このように得意不得意のあるデバイスではありますが、熱烈なファンは一定数いるデバイスです。

MX ERGOはMXの名を冠するハイエンド製品ですから、トラックボールとしてもかなり高価な製品になります。ですが、その分の出来は期待できる製品に仕上がっていそうです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です