Windows 10の大規模アップデートFall Creators Update配信

2017年秋のWindows 10大規模アップデートである、Fall Creators Updateが配信されています。

今回の配信では、事前にアナウンスされていた目玉機能のいくつかが配信開始時には間に合わず、段階的なリリースとなることがマイクロソフト自身からも公表されています。

実際には今までの大規模アップデートでも同様の状況があった訳ですが、今回は明示的に「Phased rollout」アプローチを取る、と宣言しています。

今回はこの辺りも含めてFall Creators Updateに関してまとめます。

新機能

Windows 10のFall Creators Updateに盛り込まれた新機能には以下のものがあります。

  • Windows MR
  • 「PCで継続」機能
  • 連絡先のピン留め
  • Windows Story Remix
  • OneDriveのファイルオンデマンドダウンロード機能
  • UD教科書体標準搭載

以下、これらの機能をもう少し詳しく説明します。

Windows MR

Windows MRはWindows Holographicなどと呼称されてきた機能が、正式にWindows 10の機能として再命名されたようなものです。

Windows 10本体にAR、VR機能(マイクロソフトの言うところのMR:Mixed Reality機能)が統合されたものです。

対応ヘッドマウントディスプレイを追加するだけでVR機能が利用出来るようになります。

PCで継続

「PCで継続」はPCとスマートフォンの連携機能の第一歩で、スマートフォン側で見ているWebページをすぐにPC側に引き継ぐことが出来ます

これから先のより深いPCとスマホの連携の初手となる機能と思われます。

連絡先のタスクバーへのピン留め

Peopleアプリの連絡先をタスクバーにピン留めする機能は以前からアナウンスが行なわれていたもので、ようやく今回実装・公開にこぎ着けた機能です。

これによりタスクバーが色々な機能・要素へのポータルに変貌していくことになりそうです。

Windows Story Remix

Windows Story Remixはフォトアプリの新機能で、フォトアプリが認識する画像や動画から、ストーリー性のあるスライドショーを自動生成してくれます。

同機能を使ってユーザーが簡単にスライドショー的な動画を仕上げることも可能です。

OneDriveのオンデマンドダウンロード機能

Windows 8/8.1時代まではOneDriveのファイルは基本はクラウド上のみにありましたが、Windows 10登場時に仕様が変更されました。OneDriveを使う端末に基本全てOneDrive上のファイルのコピーが置かれるようになりました。

これが従来の仕様に戻ります。

内蔵ストレージの容量の少ないマシンではOneDriveのファイルがストレージを圧迫してしまうケースが減るでしょう。

UD教科書体標準搭載

見やすく文字のトメやハネの省略、デフォルメの少ないフォント、UD教科書体が標準で搭載されるようになりました。もちろん無償利用可能です。

教育現場などでも便利に活用出来るでしょう。

Windows 10 S搭載だけど教育向けじゃない?Surface Laptop登場へ

スポンサーリンク
広告大

間に合わなかった機能

Fall Creators Updateに間に合わなかった目玉機能は2つ。

1つはWindows上で行なった操作全ての履歴をたどれるTimelineです。

こちらは機能の複雑さが容易に想像出来るぐらいの高度な機能ですので、さすがに開発が間に合わなかったようです。未だにプレビュー版の方にもカタチが出てきていません。

もしかすると、次回の大規模アップデートにも間に合わないかもしれません。

もう一つはCloud-Powered Clipboard。クラウド上でクリップボードの共有を行なおうというものです。

こちらの方がTimelineよりも簡単そうに見えますが、こちらもまだプレビュー版に提供されておらずもう少し時間がかかりそうです。

擬似的にロジクールの最新マウスで「FLOW」を使うとCloud-Powered Clipboardと同様の操作ができるようになりますが、複数PCを利用しているユーザーにはこれはものすごく強力です。

早期の実装を期待したいところですね。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です