夢の無線マウス、ロジクールのゲーミングマウスG903とG703

無線接続のマウスには一度使った人だけが分かる使いやすさがあります。

有線接続には有線接続なりの良さがあるのは間違いがなく、電波状況など全く関係なく安定した接続・操作が行えるのは非常に重要な要素です。

ですが、有線接続マウスの場合には、どんなに柔らかくしなやかなケーブルが使われていても、どこかケーブルに引きずられるカタチで操作に微妙な引っかかりが出ます。

無線接続のマウスはそういった微妙なストレスの元からほぼ完全にフリーになれるのが最大の魅力です。

その分本体にバッテリーが必要となり重量は重め。当然バッテリーの充電が定期的に必要になりますのでそちらの面倒はあります。

こういった無線接続のマウスの弱点を大幅に解消出来る、ある意味夢のマウスシステムがロジクールから登場しました。

今回はロジクールの新作ゲーミングマウスG903とG703、このシステムのキモとなる「POWERCOREモジュール」を取り上げます。

ワイヤレス充電システム

ロジクールのG903、G703が搭載したのはいわゆる「ワイヤレス給電システム」です。

携帯電話やスマートフォンで使われている「Qi」と同様の仕組みと考えると良いでしょう。電磁共鳴により無線で電力供給が可能になる仕組みです。

これによりゲームのプレイ中、PCの操作中にもケーブルレスでマウスに電力を供給することが可能になります。

Qiでも同等の弱点を持っていますが、供給出来る電力はあまり大きくはないため、PC操作中にバッテリーの充電が進むことはないようです。

ですがPC操作を終えて充電パッドである「POWERCOREモジュール」の上にマウスを置いておくだけで、次の操作時までにはだいたいマウスの充電が完了する状況になります。

ある種、夢の無線マウスシステムと言ってもいい内容になっています。

ロジクールから7年ぶりに新作トラックボール。MX ERGOデビュー

スポンサーリンク
広告大

ゲーミングマウスとしても一級品

G903、G703はゲーミングマウスとしても一級品の性能を持っています。

無線接続ながら有線接続を超えると公称するレベルの反応速度やポーリングレートを実現しています。

センサーも新開発の、高解像度で反応が早い上に省電力でもあるものを搭載します。

上位機種のG903はバッテリーを内蔵する無線マウスながら、本体重量は110gを実現しました。

問題は価格面か

ただ、この無線給電システムの弱点は、現時点ではやはり価格面になると思います。

G903の方はゲーミングマウスとしてもかなり高価な部類のお値段が付いていて、本体は税別で2万円を超えます。

加えて無線給電用のパッドであるPOWERCOREモジュールが税別18,880円のプライスタグが付けられており、合計4万円を超えるシステムになってしまいます。

マウスは確かに現存する機種の中では最高性能クラスのものですが、それプラス無線給電だけに合計4万円以上の投資が出来るのかというと、そこに価値を見いだせる人はさほど多くはないでしょう。

非常に夢もあり、無線マウスの弱点を一気に解消可能なシステムではありますが、本当の普及のためにはまずは価格面をなんとかしないと難しいところでしょう。

Qiの給電機の方はパナソニック製でも4千円程度で販売が行なわれていますので、これに近いところまでPOWERCOREモジュールの価格が落ちてくれば、普及が進んでいくかもしれません。

ロジクールの頑張りに期待したい技術ではありますね。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です