Fall Creators UpdateでOneDriveのオンデマンドダウンロード復活

Windows 10ではOneDriveのパソコン側のファイルの扱いが変わっていました。

従来は基本、クラウド上のみにファイルが保存されていて、端末側には必要になった際に初めてダウンロードされる仕様でしたが、必ず端末側にもコピーが置かれる仕組みに変更になりました。

この方式だとファイルを利用するときにクラウド側からファイルのダウンロードを行う必要がないため、使いたいファイルにはすぐにアクセスできるメリットがあります。

その代りOneDriveに置いたファイルが常にストレージ上である一定の容量を食ってしまいます。ストレージ容量に余裕のないデバイスではちょっと厳しい仕様でした。

それがFall Creators Updateで変更になりました。今回は復活したOneDriveのオンデマンドダウンロード機能、Files-Ondemandを見ていきます。

クライアント更新を待つ必要あり

OneDriveのFiles-Ondemandの機能はWindows 10のFall Creators Updateの目玉機能の一つに位置付けられています。ですが、機能自体はFall Creators Updateとは同時に落ちてこないようです。

著者手元のパソコン3台はいずれも、Fall Creators Update導入の数日後にいつの間にかOneDriveクライアントプログラムの更新がかかり、その後初めてFiles-Ondemandの機能が使えるようになりました。

Fall Creators Update配信開始直後は手動でOneDriveのクライアントを更新してもこの機能が利用可能になりませんでしたが、こちらはさすがにもう改善されていると思います。

また、通常のWindows Updateとは別経路での更新となっていたのか、本当に「いつの間にか」使えるようになっていた印象です。

機能が有効になったかどうかはOneDriveの設定画面で確認することができます。

こちらの画面の「ファイルのオンデマンド」のチェックが追加になっていれば大丈夫です。

スポンサーリンク
広告大

基本はオンデマンドダウンロードが有効に

OneDriveのクライアントプログラムの更新が行われると、初期値でファイルのオンデマンドダウンロードが有効になります。

例えば画面のスクリーンショットをOneDriveに保存する設定にしている場合には、スクリーンショットを採取した端末ではOneDrive上とローカルにファイルが保存されます。

同じOneDriveを使っているパソコンでもほかの端末では、そのファイルはPC側にはコピーは作られずOneDrive上に新しいファイルができたと言うことを示す情報だけが追加されます。

そういったPCでは対象ファイルをコピーしたり開いたりなど、端末側で利用するときに初めてファイルの実体のダウンロードが行われます

OneDrive上のファイルを利用する際には今まで同様、特にファイルのありかを意識する必要はありません。実際にはクラウド側からファイルをとってくるケースでも、PC側の操作はローカルにあるファイルと一緒です。

ただ、クラウド側からデータをダウンロードする分、処理に少し余分な時間がかかるだけです。

既にFall Creators Updateに向けてスタート。最新Win10IP版の状況

ファイルのクリーンアップも可能

一度ファイルを使用すると、OneDrive上のファイルであってもローカル側にコピーが作られストレージの容量を消費します。

ですが、簡単な操作でローカル側のファイルのコピーをクリーンアップして、容量を開放する方法が準備されています。

その際には、次のメニューから「空き容量を増やす」コマンドを発行するだけでOKです。

逆に特定のファイルのコピーを必ずローカル側に保存する設定も行えます。こちらは以下のメニューからら「このデバイス上で常に保持する」を選択するだけでOKです。

頻繁に利用するファイルはこちらを選択しておくほうがファイル利用の際の無駄な通信を防ぐことができますので、通信データ量の節約や処理のスピードアップに役立ちます。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です