ペンタックス35mmフルサイズ機投入を予告

ペンタックスはCP+に合わせて、35mmフルサイズ機関連の発表をいくつか行ってきました。

35mmフルサイズのデジタル一眼レフの開発発表と、35mmフルサイズのイメージサークルをカバーする新望遠ズームレンズの発売です。

  • 35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ

プレスリリースで発表された写真では、大きなペンタプリズム部に横幅に比べて高さが大きく見える比率のボディで、直線基調のデザインのカメラとなっています。

形のバランス的に、どこか以前ペンタックスより販売されていた中判一眼レフカメラのペンタックス6×7を思い出させるようなデザインです。

詳細がまだほとんど発表されていませんが、マウントは現在ペンタックスのデジタル一眼レフで使用されているKマウント。

2015年中の発売を目指して開発中、とのことです。

ペンタックスの場合に35mmフルサイズ対応で問題となりそうなのは、これまでペンタックスがデジタル一眼レフのジャンルはAPS-Cサイズのセンサーに特化する形で商品展開を行ってきたことです。

このため35mmフルサイズのイメージサークルに対応できるレンズが少なく、加えて今ラインアップに残っている35mmフルサイズ対応レンズは設計が古いものが多くなってしまっていることです。

一応、クロップ機能を使ってAPS-Cサイズのイメージサークルに合わせて作られたレンズ(DAレンズ)を使用可能と言うことにはなっていますが、早期に35mmフルサイズ対応のレンズのラインアップを充実させることが重要な課題になってくると思います。

その第一弾として、以下の2本のレンズがボディに先行する形で発売されます。

スポンサーリンク
広告大

フルサイズ対応望遠ズームレンズHD PENTAX-D FA* 70-200mm F2.8

開放F値が全域2.8通しの高画質ズームレンズです。
いわゆる「大三元」レンズの一角を担う製品です。

ペンタックス純正のこの焦点距離のレンズは販売が終了していたと思いますので、久々に復活となります。しかもペンタックスのレンズの中でも特に光学性能にこだわった「スター」シリーズのレンズとなります。

発売日はまだ未定のようですが、近日中に発売するとのこと。

  • 望遠ズームレンズHD PENTAX-D FA 150-450mm F4.5-5.6

こちらも35mmフルサイズのイメージサークルをカバーする、超望遠域まで焦点距離レンジの伸びるズームレンズとなります。

35mmフルサイズセンサーになるとAPS-Cサイズのイメージセンサーに比べ、センサーサイズが大きい分、望遠撮影では若干分が悪くなります。

その分をカバーする意味でも先行してこのような焦点域のレンズを出してきたのかもしれません。

また、この2本のレンズは詳細こそ明らかにはなっていませんでしたが、昨年ドイツのケルンで行われたフォトキナ2014にて参考出品されていた3本のレンズのうちの2本だと思われます。

その時点でこれらレンズの発表があったと言うことは、発表がなかっただけで(またはまだ発表できる段階になかった)、35mmフルサイズのデジタル一眼レフのほうの開発も、当時既に内部ではスタートしていたということだと思います。

  • 世界最小の防塵・防滴性能を持つデジタル一眼レフ

CP+に合わせてもう一台、APS-Cセンサーのデジタル一眼レフも投入してきました。防塵・防滴性能を持つデジタル一眼レフでは世界最小のボディとなるデジタルカメラ、K-S2です。

内容的にはほぼ先行して発売されているK-S1からの移植になりますが、デザインのテイスト、防塵・防滴性能、シャッターボタン横の電子ダイヤルによる操作性の向上、フリーアングル方式の液晶の採用などが異なります。

またこのカメラでK-S1から始まり、35mmフルサイズ機にも採用された新しいペンタックスのデジタル一眼レフのデザインの方向性が確定したと言えると思います。原点回帰とも言えそうな、直線基調で「なで肩」ではない一眼レフが、これからのペンタックスのアイデンティティとなりそうです。

また、K-S1ではデザインこそ新しかったものの、カメラの中身はペンタックスのカメラそのものでした。

ですが、このカメラからは映像処理の中にもリコーの血が取り入れられ始めたようです。いよいよ、リコーとペンタックスが一つになったことのシナジー効果が現れることになりそうです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です