カメラのもう一つの明るさを制御するパラメータ、ISO感度

写真明るさをコントロールするためのパラメータとして、絞り、シャッタースピードの他に、ISO感度という値が存在します。

ISO感度の意味

ISO感度の元々の意味は、フィルムがどの程度敏感に光に対して反応するかを表す指標です。
ISO感度の数字が大きいほど、同じ量の光を当てても写真の仕上がりが明るくなるように反応します。

絞りやシャッタースピードも代表的な数値の刻みは、フィルムやイメージセンサーに当たる光の総量が2倍、または1/2となる数列となっていましたが、ISO感度もこれらと同列で扱いやすくするために、基本的な数値は写真の仕上がりに対する影響が2倍または1/2倍となるような並びになります。

具体的には以下のような数値の並びになります。

ISO50、ISO100、ISO200、ISO400、ISO800、ISO1600、ISO3200・・・

フィルムカメラでもこれらの数字の中間になるような実効感度を持つものがありましたが、デジタルカメラにおいても、これらの数字の間を1/2、1/3刻みで細かく指定が可能になっています。

ISO感度を上の数列で一段階大きな数字とすると言うことは、絞りを1段階開けたり、シャッタースピードを1段階遅くするのと同じ効果を持ちます。

このため、写真の明るさを決定する際には、絞り、シャッタースピードのほかにISO感度を活用することも可能です。

スポンサーリンク
広告大

ISO感度を上げるメリットとデメリット

デジタルカメラにおいてISO感度を上げると言うことはイメージセンサーの感度自体が上がる訳ではなく、電気、電子的にイメージセンサーが出力する信号を増幅するということになりますので、ノイズ成分も一緒に増幅されます。

このためデジタルカメラでISO感度を上げると、画像にもノイズが混じるようになり画質は低下します。

また、ISO感度を上げていくと、ノイズを抑える処理の副作用として、細かな描写が塗りつぶされたようになってしまったり、画像の鮮鋭度が低下したりもします。

今ではデジタルカメラの中で画像を生成する映像エンジンと呼ばれるチップが大変高性能・高機能になっていて、映像の質へのダメージを最低限にしてノイズ成分だけをある程度は綺麗に落としてくれるようになっていますので、かなりISO感度を上げても、十分な画質の写真が得られるようになっています。

ISO感度を上げると同じ明るさの条件の中で写真を撮る際に、余分に絞りを絞ることが出来たり、シャッタースピードを速くすることが出来たりします。

これらを絵作りに有効に使うことが出来ます。

とは言ってもある程度以上に感度を上げるとどうしても画質の低下が目立つようになりますので、そのデメリットとメリットの大きさを利用者が判断して使い分けることになります。

暗い場所で三脚を立てられない条件などでは、ISO感度を上げてノイズがある写真ではあっても、手ぶれがない方が結果が良くなる、ということもあります。

最新の35mmフルサイズのデジタル一眼レフカメラでは、ISO数万などといった、フィルム時代とは比べものにならないほどの高感度まで実用的な画質を得られるカメラが増えてきました。

肉眼ですらはっきりとは被写体を認識出来ないような暗さの中でも写真を撮影できるようになったりするなど、カメラの可能性が大きく広がってきています。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする