パソコンの無線通信関連の用語のまとめ!Wi-Fi、モバイルルータ、ポケットWiFi

ネットでパソコンの無線通信の環境に関する調べ物をしていて気づいたのですが、あれこれ無線通信に関する基本的な用語すらかなりと滅茶苦茶な使い方をされているようです。

いくつかの重要な単語がごっちゃになって混同されている雰囲気もあります。

すごく気になってしまいましたので、今回は少しその辺りの用語をまとめて整理してみたいと思います。

Wi-Fi

Wi-Fiは本来は無線LAN機器の相互接続を保障するための認証の規格のことを表します。

決してモバイルルータのことを指す一般名詞ではありません。

Wi-Fi機器と言えば、Wi-Fi認証を受けている無線LAN機能搭載機器のことを指します。

ですがここから意味が少し広がって、「Wi-Fi機能」といった使われ方で、Wi-Fi認証を受けた無線LAN機能のことを指して使うケースも増えています。

今ではデジタルカメラにすら無線LAN機能が搭載されていますので、「Wi-Fi機器」という呼び方をした場合には、非常に広い範囲の製品を指し示すことになります。

無線LAN機能を搭載したブロードバンドルータやアクセスポイント、無線LAN子機なども含まれます。

モバイルルータがLAN側でパソコンなどと接続する際には無線LAN(Wi-Fi機能)を利用することから、そちらの観点でも混同されているのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大

モバイルルータ

出先などで携帯回線を利用してパソコンなどからのインターネット接続を可能にする機器は、「モバイルルータ」と呼ぶのが誤解なく伝わる言葉なのではないかと思います。

一般的なブロードバンドルータが、インターネット側の接続回線が電話線や光ファイバーによる固定回線であるのに対して、モバイルルータでは、インターネット側の接続が無線技術になります。

インターネット側の回線として使われる無線の回線は、携帯電話回線であったり、WiMAXなどのデータ通信専用の回線であったりもします。

また、公衆無線LANなどに接続することも可能となっています。

モバイルルータも「ルータ」ですから、インターネット側とLAN側のネットワークをきちんと分離して、モバイルルータがそのゲートとなる機能を備えています。

ポケットWiFi

モバイルルータのことをポケットWiFiと呼称する人もいますが、ポケットWiFiは正しくは今はY!モバイルの提供する一連のモバイルルータの製品名です。

モバイルルータのジャンルの製品を最初に始めたのがY!モバイルの前身となった会社で、そこの製品がポケットWiFiの商品名でモバイルルータを販売していたことから、この言葉がモバイルルータの代名詞的に使われるようになったのだと思います。

今でもY!モバイルのモバイルルータ製品は「Pocket WiFi~」の名称で販売されていますので、この単語がモバイルルータ一般のことを指すのか、Y!モバイルのモバイルルータ製品を指すのかで誤解を招く可能性があります。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です