カメラのシャッタースピードと動感

元々の目的としてはカメラについているシャッターも絞りも、フィルムやイメージセンサーに導く光の総量を制御するための仕組みです。
実際に写真の明るさ(露出)をコントロールする際には、シャッターが開いている時間(シャッタースピード)と絞りの絞り具合(F値)を適切に設定することで制御を行っています。
絞りには露出の制御の他に絵作りに関連する機能があったように、シャッタースピードでも絵作りに影響が出ます。

それは被写体の「動感」の表現が出来ることです。

また、悪い方向の影響としては、シャッタースピードが遅くなると(シャッターが開いている時間が長くなると)、「手ぶれ」や「被写体ぶれ」というように、思わぬ形で被写体が動いてしまい、シャープな画像が得られなくなってしまう、といったことも生じます。

以下は、積極的にシャッタースピードをコントロールして、被写体の動感を出すことのお話です。

動いている被写体の動く速度に対して

スポンサーリンク
広告大

十分に速いシャッタースピード

を使うと、写真の見た目上、被写体がまるで止まっているかのような写真を撮ることが出来ます。こういった写真だと、被写体がとてもシャープに撮れますから、被写体そのものの美しさを表現したり、スポーツなどのフォームの解析なんかにはとても適しています。

ただ、どんなに速く動いている被写体でも、その高速に動いている感じ、というのが画面からは感じにくくなってしまいます。

これに対して、画面の中にあえて狙って「ぶれ」を作り込んでやることで、被写体が動いているのだと言うことが分かりやすくなります。写真に躍動感が出て来ます。

1/2000秒

こちらがシャッタースピード1/2000秒。

1/30秒

こちらは1/30秒です。

時間が止まったような水の造形も面白いと思いますが、後者の方が水の流れている感じは出ていると思います。

撮影方法としては、カメラを固定して被写体がぶれる形にするのもありですし、カメラは被写体を追いかけるように動かしてやることで、写真の見た目上、ある程度被写体は止まっているけれども背景がぶれる形になって、被写体の動きを感じられる写真などですね。

この後者は特に「流し撮り」と呼ばれる、動きモノを撮るときの定番テクニックの一つになっています。

流し撮り

流し撮りの例です。

列車はほぼ止まっているように写っていますが、回りの草がぶれて写っているのが分かると思います。

実のところ、この動感の表現もなかなか難しいです。どれぐらいの速度のものにどれぐらいのシャッタースピードを使うと、どのくらいぶれてくれるのか、その部分はたくさん写真を撮って経験から想像するしかないものですから。

デジカメであれば、シャッタースピードを変えて何度もトライ出来るというのはあるのですが、動きモノに関しては、ものによってはその場限りの一発勝負、といったシチュエーションもありえますので。

ただまあ、デジカメであればフィルム代も現像代もかかりませんので、どれだけ練習で失敗作を量産しても懐は痛まない、っていうのはとてもありがたいことです。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です