パソコン利用をより便利に。キーボードショートカットを使う

パソコンで動く多くのアプリケーションソフトでは、共通して利用できるキーボードショートカットが用意されているものが多くなっています。

これらを少し説明してみましょう。

キーボードショートカットとは

コントロールキー(以下Ctrlと表記)やオルタネートキー(以下Altと表記)、Windowsキーなどとアルファベットキーの同時入力で、ソフトウェアの特定の機能を呼び出すことが出来ます。

Windwosキーとアルファベットキーの組み合わせは、Windwos自体のショートカットでのみの利用だと思いますが、CtrlキーやAltキーとの組み合わせは多くのアプリケーションソフトでも採用しています。

スポンサーリンク
広告大

代表的なキーボードショートカット

多くのアプリケーションで採用されている代表的なキーボードショートカットには以下のようなものがあります。

– Ctrl+C
コピー

– Ctrl+V
ペースト(貼り付け)

– Ctrl+X
削除

– Ctrl+Z
動作の取り消し(Undo)

– Ctrl+A
全選択

– Ctrl+W
ウィンドウを閉じる

– Ctrl+P
印刷

– Ctrl+S
文章やシートなどの上書き保存

– Ctrl+F
検索

MS-IMEの便利なキーボードショートカット

また、Windows標準のかな漢字変換プログラムである、MS-IMEでは日本語入力モードで以下のキーボードショートカットが利用できます。

– Ctrl+U
文字種を全角ひらがなに変換

– Ctrl+I
文字種を全角カタカナに変換

– Ctrl+O
文字種を半角に変換

– Ctrl+P
文字種をアルファベットに変換

Altキーとの組み合わせ

WindowsではAlt+F4キーでのアプリケーションソフトの強制終了、Alt+Tabキーでのアプリケーションの切り換えなど、複数の機能が用意されています。

また、Altキーを一度押した後、コマンドメニューの後ろについているアルファベット文字を入力していくことで、対応しているソフトであれば、ほとんどすべてのメニューコマンドを発行することが出来ます。

例えば、「Alt -> F -> A」の順番にキーを入力することで、「名前を付けて保存」のメニューコマンドを発行することが出来るソフトが数多く存在しています。

Alt

文字選択のキーボードショートカット

文字をコピーしたりまとめて削除したりする場合に使う文字選択も、キーボードだけで行えます。

Shift+カーソル移動キーでキャレット(文字入力用のカーソル)のある位置から、カーソル移動キーの方向に文字を選択できます。

またShift+Homeキーでキャレットのある位置から行の先頭まで、Shift+ Endキーで行末までを選択できます。

Shift+Ctrl+Homeキーの組み合わせではキャレットのある位置から文頭まで、Shift+Ctrl+Endキーではキャレットのある位置から文末までを一度に選択できます。

キーボードショートカットを使うメリット

キーボードショートカットを利用するメリットとしては、文字入力のための指のホームポジションから手を動かすことなく、よく利用するコマンドを発行することが出来るのが、最大のメリットです。

大量に文字を入力したりする際にはマウスに手を伸ばしてメニューからコマンドを選ぶよりも、複数のキー入力が必要であってもキーボードだけでコマンドを発行できる方が、楽で素早く行えるというケースがたくさんあります。

大量に文章を入力する際にはマウスを使わずに済めば、結果的に手の移動量を減らせますので、場合によっては肩こりなどの疲労を軽減できるかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です