RAW形式で記録する場合にも、デジタルカメラの撮影は適正露出で

デジタルカメラで撮影を行う場合、RAW形式の記録が行えるカメラでは、撮影後「現像作業」の際に露出を修正することも可能になっています。

このためカメラ内で生成するJPEGだけの記録を行うよりも、いろいろな点で便利になっています。

ただ、この便利さに甘えてしまって撮影時の露出をしっかり取らないと、画質の面では良くない影響が出てしまうことがあります。

白とび・黒つぶれ

その中の一つが白とび、黒つぶれです。

白とびは、画面の中で完全に露出オーバーにしてしまった部分が真っ白に飽和してしまって、色やグラデーションの情報がなくなってしまうことです。

こうなってしまうと、RAW形式で記録しておいて後から修正を行っても、ほとんどの場合には白飛びしてしまった部分の情報を復旧することは出来ません。

逆に、露出が極端にアンダーな部分は真っ黒につぶれてしまって、こちらも色やグラデーションの情報が失われます。

こちらもほとんどの場合、そういった情報を復元することは出来ません。

ただ、RAWで記録した情報は、JPEGで記録する部分よりも広い範囲で明るさの情報を持っていることがありますので、JPEGの画像データは白飛びしたり黒つぶれしたりしている部分も、RAWデータから復活させられることもあります。

ただ、黒つぶれ側から無理に元の情報を引き出そうとするとノイズも一緒に強調されて、画質が悪くなってしまうことが多くなります。

スポンサーリンク
広告大

トーンジャンプ

撮影の際に適切な露出で撮影が行われなかった場合、明るさのヒストグラムで画像を確認すると、明るさの一部分だけに分布が偏ってしまって明るさのダイナミックレンジを使い切れない場合があります。

こういった写真のデータを無理矢理補正していくと、階調の途中にデータが存在しない明るさが生じる場合があります。

このような無理な補正では、グラデーションが綺麗に繋がらなくなります。

このような状況を「トーンジャンプ」と表現します。

トーンジャンプが発生すると、影響を受ける部分ではグラデーションが滑らかに繋がらなくなります。

人間の目は色の違いにもとても敏感ですので、グラデーションがきれいに繋がっていない部分にも敏感に反応して不自然さが強調されるような形で認識されます。

こういった現象の一つが「マッハバンド」と言われるもので、グラデーションが繋がらない部分の境目が実際の色の差以上に強調されて感じられます。

RAW形式での保存は何かと便利で、撮影の際のミスや意図通りの撮影が出来ていなかった場合などには救済策ともなるのですが、高画質の写真を作るためにはRAW形式での記録を選択するとしても、撮影時にはしっかり意図を反映出来る露出を行っておく必要があります。

ただし…

ちょっと面倒な部分ではありますが、白とびや黒つぶれがどれもこれもすべて悪いものである、ということでもありません。

目の感じられる明るさの感覚に対して、どんな表示媒体を使っても写真で表現可能な明るさのダイナミックレンジには限りがあり、目の感じ方とも異なります。

この感じ方の差を埋めてメリハリのある写真を作るためには、条件によっては白飛びする部分や黒つぶれする部分を画面に作った方が良い場合もあります。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です