デジタルカメラのホワイトバランスなどで使われる色温度とは

写真の撮影の際の光線状態を表す際に、「色温度が高い」「色温度が低い」などと言う言葉を使って表現する場合があります。この色温度とは何のことなのかをまとめてみます。

  • 色温度の意味

色温度は光の色の傾向を表す言葉です。

色温度が高い」と光が青っぽい方向に偏っていることを表し、「色温度が低い」は光が赤っぽい方向に偏っていることを示します。

単位は絶対温度などで使われるK(ケルビン)です。なぜ温度の単位が使われるかというと、これは色温度の元々の意味に由来します。

物理の授業で「黒体輻射」という言葉を聞かれた方もいらっしゃるかと思いますが、元々の意味としては色温度にはこの黒体輻射がからんできます。

物は高温になるとそれ自体に特有の光を発し始めます。熱い鉄が赤く光っていたり、白熱電球のフィラメントが光を発するのもこれですね。

この光は熱くなった物の温度によって色の傾向が変わってきます。温度が低いと赤く、温度が高くなるとだんだん色が青に傾いてきます。

理論上の存在である「黒体」が発する光の色と、温度の関係を表した物が厳密に言うところの色温度、ということになります。色温度の単位がケルビンなのは、あるときの色の傾向を黒体の温度で示しているからです。

色温度5500Kと言われる場合の光は、温度5500Kの黒体が放射する光の色、ということになります。

ちょっと脱線気味になりました。

ちなみに、写真フィルムでは基準となる昼間の太陽光は5500Kと定められています。このためデジタルカメラのホワイトバランスの基準もこの数字がベースになっています。

ただしこの色は、普段普通の人が白と認識する色から比べると、ずっと黄色い物になっています。

日本で販売されているテレビの色温度は9300K程度と言われています。パソコンの一般的な色空間であるsRGBでは6500Kが基準となっています。

  • スポンサーリンク
    広告大

    撮影に関連する内容

写真を撮影する条件の中では、曇りの日、雨の日は色温度が高くなります。

もしデジタルカメラのオートホワイトバランスを解除してプリセットの太陽光のポジションで撮影すると、すべての物が青っぽくなった写真が仕上がるはずです。

朝や夕方の時間帯には色温度は低くなります。白熱灯も色温度はかなり低め。蛍光灯は白色光や昼色光など、管の種類によって色は様々ですが、基準の太陽光よりも若干色温度が低めのことが多いようです。

  • 補正方法

今はデジタルカメラのオートホワイトバランスが大変高性能になりましたので、曇りの日、雨の日の色の補正はカメラ任せでほぼ完璧な仕上がりをするようになっています。

ただ、色温度が低い方向、黄色、赤っぽくなる光に関しては、夕焼けや白熱灯照明の雰囲気が残るように、オートホワイトバランスの動作にリミッターがかけられています。ある程度以下の色温度に関しては、補正を抑えて、黄色っぽさ、赤っぽさが残る制御が行われるようになっています。

このため、夕日や白熱灯の下で白を真っ白に撮影したい場合には、ほとんどのカメラではオートホワイトバランスを解除して、プリセットの白熱灯ポジションを利用したり、光源の色温度指定を行って色の補正をマニュアルで行う必要があります。

  • 利用方法

デジタルカメラのホワイトバランスマニュアル設定の機能を利用して、画面の色の調子を変えて表現を変化させることも出来ます。

色温度指定で色温度を高めに設定したり、プリセットの曇りポジションを利用して、朝焼けや夕焼けの色を強調する、といったことが可能です。

ただ、これらの方法はお好みでない方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です