デジタルカメラの可動型液晶モニタを活かす

コンパクトデジタルカメラから最近ではデジタル一眼レフまで、カメラ背面の液晶モニタが可動式になっているカメラが増えています。

液晶を可動式にすると、その機構上どうしてもカメラの本体の厚さが余分に厚くなってしまうのですが、そのデメリットを補ってあまりあるだけのメリットが得られます。

可動式の液晶モニタに関して少しまとめてみます。

  • 可動型モニタの種類

可動式の液晶モニタには、大きく分けると2つの種類があります。

1つは「チルト式」と言われる、液晶モニタが上下方向にのみ傾くもの。機構を簡略化するために、上方向に向くような一方にしか動かない機種もあります。

もう一つは、動かす際の軸を二つ持ち、ほぼどの方向にでも自由に動かすことが出来るものです。「バリアングル液晶」「フリーアングル液晶」と呼ぶメーカーもあります。

それぞれの方式のメリットデメリットを見て見ましょう。

2軸式可動液晶の例

  • スポンサーリンク
    広告大

    チルト式

チルト式のメリットとしては、液晶を上下に動かしても、液晶画面が常にレンズの光軸上に位置することです。

このモニタが光軸上にあるというのは、望遠レンズなど画角の狭いレンズでは大変有効な構造です。被写体を直感的に画面内に導きやすくなります。

液晶モニタを上に向ければ撮影者が地面に這いつくばるようにしなくとも、簡単にローアングルの撮影が行えます。また、液晶モニタを下に向けてやれば、ハイアングルでの撮影も簡単になります。

デメリットとしては、縦アングルを利用する際には、液晶が稼働する意味がほぼなくなることです。

  • 2軸フル可動式

2軸のフル可動式の液晶モニタでは、縦アングルでも横アングルでも自在に液晶モニタを動かして、様々なアングルでの撮影に対応出来ます。その代わり、液晶モニタを開いた場合には、液晶モニタがレンズ光軸上に来なくなります。

また、機構的にチルト式よりも大がかりになりやすく、カメラの本体のサイズに与える影響が大きめとなります。

こちらの方式の隠れたメリットとしては、液晶モニタを裏返して格納してしまうことが出来ることです。

移動中などに液晶画面を保護することができ、万が一の破損に強くなります。また、ファインダーを覗く際に、鼻の頭の脂で液晶モニタ画面を汚すことがなくなります。
どちらの方式にも一長一短がありますが、モニタが可動式となるだけで、撮影の可能性が色々と広がります。
記念写真や自撮りなどがやりやすくなるメリットもあります。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です