デジタルカメラで夜空の星を写すには

今のデジタルカメラは高感度の画質がとても良くなりましたので、夜空の星も割と簡単に写し取ることができます。本格的に撮影しようと思うとその場合にはまた難しさが出てくるのですが、とりあえずレベルだと、手持ちでも明るい星は撮ることが出来ます。

撮影の方法を少し詳しくまとめてみます。

  • 固定撮影

一番簡単に星を撮影するには、晴れた夜にカメラを三脚に固定して、空に向けて長時間のシャッタースピードを使うだけでも写ってしまいます。

この時、カメラの露出のモードはマニュアルピントもマニュアルで無限遠にセットします。シャッタスピードは15秒~30秒、絞りは住んでいる地域の夜空の「明るさ」によって決めます。ISO感度も同様に人工の照明が多くて、夜空が真っ黒ではない地域では低めにセットします。

これだけで明るい星は簡単に撮影出来ます。

星の日周運動の軌跡を写真にしたい場合には、カメラのシャッタースピードをB(Bulb:バルブ)にセットして、30分とか1時間とかシャッターを開けっ放しにする方法もありますが、これだけ露出時間が延びると空が本当に真っ暗な地域でないと、星のバックとなる夜空が真っ白になって星が見えなくなってしまいます。

このため、カメラを固定したまま15秒とか30秒の露出を何度も繰り返して、あとからそれらたくさんの写真を合成して、星の軌跡を作り出す方法が今は使われることが多くなっています。

  • スポンサーリンク
    広告大

    追尾撮影

星は日周運動で少しずつ移動していきますので、暗い星や星雲などを写し止めたい場合には、日周運動を追いかけていける装置が必要になります。少し天体望遠鏡の世界に踏み込むお話になってきます。

星の日周運動による移動を追いかけられる装置を「赤道儀」と呼びます。

本格的な赤道儀はかなり高価な製品ですが、最近は「星空雲台」などといった名前でとてもシンプルで簡易的な製品も売り出されています。こういった装置と今の高感度に強くなったデジタルカメラを組み合わせてやることで、以前、特にフィルムカメラの時代ではとても考えられなかったような写真を比較的手軽に撮影することが可能になりました。

  • 敵は街明かり

星空の写真を撮る上での最大の敵は、街明かりです。都会で夜の空をよく見てみると、真っ黒ではないのがわりとすぐに分かると思います。

夜の生活の安心感を確保してくれる町の街灯ですが、夜空の写真を撮るには大変な強敵となります。天文ファンなどの間では、街明かりを「光害」などと呼ぶこともあります。

このため本格的に星の写真を撮ろうと思ったら、町の明かりから逃げて郊外まで出向かないといけません。

  • ソフトフォーカスフィルタの活用

フィルムの時代には星を撮影する場合、今のデジタルカメラよりも星がシャープに写りませんでした。レンズ等の性能の問題ではなく、フィルムの特性として明るいものは少しにじんだように広がって写りやすかったのです。

このため星の明るさに応じて星の写る大きさが変わってきて、星の明るさをイメージしやすい写真に仕上がっていました。ですが、デジタルカメラでは明るい星でも非常にシャープに写ってしまうため、写真の仕上がりから星の明るさをすぐにイメージしにくい写真になりがちです。

これをなんとかするために、ソフトフォーカスフィルタの利用も行われています。あえて少しだけ像をにじませてやることでフィルム時代のような、星の明るさによって写り込む大きさが変わってくる写真を狙うことができます。

またにじんだ部分では白とびを起こしにくくなりますので、星の色の違いが分かりやすくなるというメリットもあります。
空の暗いところでは、ISO感度を1600ぐらいまで上げて明るい単焦点レンズで絞りを開いて15秒程度の露出を与えると、今のデジタルカメラであれば天の川をかなりはっきりと写し止めることも出来ます。

星空バックに手前の風景をシルエットで写し込む写真も趣のあるいい写真に仕上がります。ひと味違う写真として、そういう一枚を狙ってみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする