デジタルカメラ時代になって出番の減ったフィルターワーク

カメラがほとんどすべてデジタルカメラの時代になって、フィルターの役目も変わりました。

フィルムカメラの時代であれば最も使われる頻度が高かったのは、色温度調整用のフィルターではなかったかと思いますが、今のオートホワイトバランスがとても進化したデジタルカメラでは、色温度調整はカメラがやってくれるようになり、色温度調整用のフィルターはほぼ不要になりました。

今デジタルカメラでもよく使われるフィルターは、プロテクトフィルター、PLフィルターではないかと思います。その他には、出番が少々少なくなりますがNDフィルターや、特殊効果をかけるフィルターもあります。

これらフィルターの使い方を少し見てみましょう。

  • プロテクトフィルター

プロテクトフィルターは「フィルターワーク」という観点では、本来語れないタイプのフィルターです。無色透明でレンズの前玉を保護するためのものです。

つまりこのフィルターはフィルター本来の目的とは異なり、何もしてはいけないフィルターなのです。

  • スポンサーリンク
    広告大

    PLフィルター

日本語だと偏光フィルターという呼び方になります。

また、カメラの仕組みとしてハーフミラーなどを使う必要のあるデジタル一眼レフなどでは、
円偏光フィルター(サーキュラーPL、C-PL)を使う必要があります。

PLフィルターではフィルターの向きを変えることで反射光、散乱光の透過する割合を変化させることが出来ます。この特性を活かして写真の仕上がりにいくつかの効果を出すことが出来ます。

まず一つは、青空の明るさを抑えること。

青空の明るさは空気中のチリなどによる散乱光が影響していますので、それらを抑えることで青空の明るさを落とすことが出来ます。写真の仕上がりとしては、肉眼で見た目よりもより空の青さを強調したような写真になります。

ただし効果を強く使いすぎると、空が藍色とか群青色といったかなり濃い青になって、日本の空ではなくなります。とてもビビッドな色合いにはなりますが、不自然さが出ます。

不自然さを利用して非現実的な表現にすることも出来ますが、自然な空に見せたい場合にはPLフィルターを効かせすぎないことが肝心です。

また、ガラスや水面の反射を抑えることも出来ます。水面が反射で真っ白になってしまって、水の雰囲気が出ないときにPLフィルターでそこを回復してやることが可能な場合もあります。

木の葉の反射を抑えることで、木々の緑をより鮮やかに表現することも出来るようになります。ただ、こちらも効果を効かせすぎると、日差しを感じられない写真になります。真夏に撮影したはずの写真が、春や秋のような落ち着いた雰囲気になることがあります。

こういった目的でも一般的には、効果を使いすぎないことが使いこなしの肝かもしれません。

  • NDフィルター

NDフィルターはNutral Densityの略で、グレーのフィルターです。通す光の色が偏らないように、慎重にグレーになるように作られています。通過する光の量を減らすのが目的のフィルターです。

良く晴れた日に明るいレンズの開放絞りを使いたい場合や、川の流れを完全に流して白い雲のような表現をしたい場合などに利用します。

  • 特殊フィルター

ソフトフォーカスレンズのような表現になるフィルターや、強い光源から何本かの鋭い光芒が出るような効果を出せるフィルターがあります。

こういったフィルターも写真の表現を変化させたいときに利用出来ます。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です