パソコン用キーボードの種類と値段差の訳

パソコン用のキーボードには半ばジャンク扱いで数百円程度から買えるようなものから、上は2万円以上もするようなキーボードまでが存在しています。

なぜそんな高額な製品が存在しているのか、その辺りの理由を少し紹介してみましょう。

  • キーボードのキースイッチの種類

ちょっとその前にキーボードのキー一つ一つに入っているスイッチの種類を紹介します。このスイッチの種類により、いわゆる「キータッチ」の感触が全く異なってきます。

– メンブレン

1つ目はメンブレンタイプ。

最もたくさん使われているキースイッチです。キーの中にゴム製のドーム状の部品があって、その部品でキーの重さや反発力を作り出しています。

安価でかつかなりの耐久力のあるキーボードを作れますので、最も普及しているキーボードのタイプです。

その代わり、キータッチは「グニュッ」っというような感触で、あまり入力の際の気持ちよさはありません。また、普通に作ってしまうと、キートップのぐらつきの大きなキーボードになりやすい方式です。

– パンタグラフ

ノートPCのキーボードなどに採用されているタイプのキーです。キートップを電車のパンタグラフようなメカで支える方式です。

しっかりしたサスペンションのような構造が入っていますので、キートップのぐらつきの少ないキーボードが作れます。その代わりキーを押し込む深さ(ストローク)は短めになりがちです。

またキートップの「掘り」も浅めになり、爪の長い人などは隣のキーに引っかけてしまいやすいタイプかもしれません。

キータッチもカチッとした、「しっかりと入力出来た感」を感じやすいタッチを出しやすいタイプです。

価格はメンブレンタイプに比べると高くなりやすいものです。

– メカニカルスイッチ

機械的なスイッチ機構を組み込んだキーです。すべての種類のキースイッチの中で、最も入力の際の「しっかりと入力出来た感」が出やすい方式だと思います。

タイプの際には歯切れの良い音が出るタイプが多いので、その音が心地よく感じられる場合もあります。ただ、タイプ音は他の方式よりもかなり大きくなりますので、使う場所によってはうるさく感じられることもあるかもしれません。

スイッチの品質によっては「チャタリング」など入力時のトラブルの出やすいタイプでもあります。

価格はメンブレンタイプに比べるとかなり高価な製品が多くなっています。

– 静電容量方式

キースイッチに無接触でキー入力の判定を行える機構を採用したタイプです。スイッチだけではキーのタッチは決まらず、キートップを支える仕組みの作り込みによってキータッチが変わってきます。

大変高価なキーボードに使われることが多いタイプで、この方式が使われるキーボードはどの製品も素晴らしいキータッチを実現していることが多くなっています。

恐らくすべての方式のキーボードの中で、最も高いプライスタグがつくタイプです。

  • スポンサーリンク
    広告大

    キーボードの「ピンキリ」

単に文字を入力出来れば良い、というだけであれば、500円などで買えるようなキーボードでも全く困ることはありません。

ですがキーボードは、マウスと並びパソコンを使う人が最も触れている時間の長いパーツです。大量に文章を入力する場合など、入力の効率や入力の際のストレスまで考えると、キーボードというのは大変重要なパーツになってきます。

またキーボードも、どの製品が良いかは使う人の好みが大きく影響する製品です。一般的には、高額な製品はキータッチが良いことが多いですが、どのキータッチが使う人に合うかは使う人それぞれでもあります。

仕事でもプライベートでもたくさん文字を打つ機会がある方は、一度大きな家電量販店のキーボード売り場などで、デモ用に置かれているキーボードに触ってみると良いかもしれません。機種ごとの感触の差に驚かれるのではないかと思います。

自分に合ったキーボードが見つかると入力の効率だけではなく、たくさん文字を入力するときの疲れやストレスも大きく変わってくるものですから。

この部分に投資することに価値を見いだす人がかなりの数いることが、高価なキーボードの存在理由のひとつにもなっています。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です