デジタルカメラもフィルムカメラも、雨上がりは写真撮影のチャンス

以前、雨の季節の写真のすすめ、といった内容の記事を書きました。雨の降る中での写真も風情があってステキなのですが、雨上がりの晴れ間はまた写真撮影の大チャンスです。

雨上がりの写真の狙い目をいくつかまとめてみましょう。

  • 水滴

雨の中の写真と同様に、花や草の葉などに乗った雨の雫は撮影する上でのとても良いアクセントになります。撮り方次第では、水滴そのものがメインの被写体にもなり得ます。

サイズ的にはどうしても小さな被写体となりますので、アクセントとして利用する場合でもマクロレンズの利用も考えた方が良いでしょう。

雨上がりに狙う写真と雨の中での撮影との一番大きな違いは、日の光の存在です。うまく日の光が作ってくれるコントラストの高さや、きらめきなどを利用してやることで、より雫のきれいさを引き出してやることが出来ます。

IMG_2734

  • スポンサーリンク
    広告大

    晴れた日に水滴を使うときの注意点

良く晴れた日に写真の演出として水滴を利用するために、霧吹きを持っていって花に自分の手で水滴を作る方もいらっしゃいます。それ自体はとても良いアイディアで、日の光と水滴を使っていい演出を作ることが出来ます。

ただ、このやり方、少し注意は必要になります。自分が撮影したあとは「必ず水滴を落としましょう」

なぜかと言いますと、良く晴れた日だと水滴がレンズとなって日光を集めてしまい、花びらや葉を焼いてしまうことがあるからです。

他の人にもその雫を使ってもらう、というのもなくはないのですが、そうやって雫を落とすのをどんどん後回しにしていくと、結局はせっかくの花を傷めてしまうことになりかねません。

  • 雨上がりは空気が澄んでいることが多い

ザッと雨が降ったあときれいに雨が上がって晴れ上がったときには、雨によって空気中のゴミやチリが洗い流されて、空気がとても澄んでいることが多くなります。

ですので、近くの小さな被写体を狙うだけではなく、遠景に注目するのも良いかもしれません。こういったときには山並みが近く感じられるほど良く見えることが多いです。

また、きれいに洗い流されるのは空気中のチリだけではなく、山の木々も雨のシャワーを浴びてきれいに洗濯されたような状態になります。ですので、木々の緑もより色の濃さを増したように鮮やかになります。

こういうチャンスを逃す手はありません。

  • 水たまりに映る風景にも

雨上がりに残る水たまりも面白い被写体になることがあります。

水たまりに映り込む風景が思わぬ絵柄となっていることがあります。映り込んでいる被写体と、周りのオブジェクトとの合わせ技で思わぬ構図を作れる場合もあります。

見慣れた景色の中でも、キョロキョロと普段しないような角度からものを見ることで、思わぬ被写体が飛び出してくることもあるのが、写真をやっている楽しみの一つにもなりますよ。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です