コンパクトデジカメの高級路線へのシフト

コンパクトデジタルカメラといわれるジャンルのデジカメが、高級路線にシフトしつつあります。

高品位な、いかにもカメラらしい外観をまとったり、心臓部となるイメージセンサーにより大きなものを搭載して画質を追求するものがあったり、超がつくレベルのズーム比の高いズームレンズを搭載したものが出て来たりしています。

いわゆる昔ながらのコンパクトカメラのイメージを受け継ぐような、廉価版のコンパクトデジカメは大幅に数を減らしていて、メーカーによってはそういったコンパクトデジカメをまるごと止めてしまう所も出始めました。

これはあちこちで言われている通りに、携帯のカメラ、スマートフォンのカメラの性能の向上によって、差別化の難しくなってきたタイプのコンパクトデジカメの市場が食われているということです。

スマートフォンのデジカメに至っては、普及型のコンパクトデジカメと同等のイメージセンサーを採用する機種まで現れ、画素数のみならず、本質的な画質においてもコンパクトデジカメに迫るところまで来ています。

厳密に見ていけば、同じサイズのイメージセンサーを採用するスマホとデジカメを比べると、今でもデジカメの方に画質面での優位性は残っています。

青空など均一な色の所を写した場合の

スポンサーリンク
広告大

色のムラの少なさ

、グラデーションの滑らかさなど、まだもう一歩スマホのカメラはデジカメに及ばないと思います。

またスマホのカメラには、ズームレンズを採用したものはほとんどありません。
ただ、こういった差は、blogやSNSに乗せる程度の写真のサイズだと気づく事は少なく、そこまで厳密に高画質を求める層も多くはないということなのかもしれません。

あるいは、それらの要素よりも、携帯・スマホのいつでも持って行けるという手軽さの方が大きいのでしょう。

こういった携帯・スマホカメラの台頭に対処すべく各カメラメーカーが取っている施策が、冒頭に書いたコンパクトデジカメの高級路線へのシフト、ということになります。

実際、価格が高く画質がスマホのカメラよりもずっと良い、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフといったジャンルのデジタルカメラは売り上げを伸ばしています。

これはスマホ・携帯のカメラで写真を始めたけれども、その画質や機能面、表現力に不満を感じるようになって、よりしっかり写真に取り組みたい層がかなりの数、存在すると言うことでもあります。

そういう層のうち、さすがにちょっとミラーレス一眼や一眼レフは敷居が高いと思う人の受け皿となろうとしているのが、高級コンパクトデジカメといわれる種類のカメラでもあったりします。

これらのカメラは既にミラーレス一眼やデジタル一眼レフを使っている人たちのような、画質には人一倍のこだわりがある人にとっても、いつでも持って歩けるような手軽でコンパクトな、でも画質の良いカメラも欲しい、というニーズにも上手くマッチして、ちょっとしたヒット商品となっているはずです。

こういった利用者の欲求が、普及型のコンパクトデジカメをどこかにシフトしていきたいというカメラメーカーの思惑とも一致して、コンパクトデジカメの高級路線へのシフトを加速する動きに繋がっています。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする