Windows10新機能の目玉の一つ仮想デスクトップ機能

先日さわりだけWindows10の新機能の仮想デスクトップ機能に関して記事にしましたが、より詳しくWindows10の仮想デスクトップ機能の使い方などをまとめてみます。

仮想デスクトップとは

まず最初に簡単に仮想デスクトップ機能がなんなのかをまとめます。仮想デスクトップとは、パソコンのデスクトップ画面を仮想的に複数持って使い分けられる機能です。

ディスプレイが1つだけであれば、一度に表示できるのはデスクトップ一つだけではありますが、使い途によって開いたアプリケーションのウィンドウを複数のデスクトップに使いやすいように分散、まとめておくことで、1画面の中でウィンドウが氾濫することを防いだり、関連性の高いウィンドウだけをまとめることで、必要な情報を得やすくすることが出来ます。

分かりやすい使い方としては、仕事用のデスクトップと私用のデスクトップを分けることが考えられます。

また、会社のパソコンならば、複数の仕事を平行して動かしている場合には、仕事ごとにデスクトップを分離する、というのもアリだとおもいます。

スポンサーリンク
広告大

Windows10の仮想デスクトップはタスクビューから

Windows10では仮想デスクトップを扱うために、今までのAltキー+Tabキーなどで行えたタスクの切り換え機能が拡張されました。名前も付けられて「タスクビュー」と呼ばれています。

TaskView

この機能は、タスクバー上のクイック起動のアイコンからも呼び出せますし、キーボードショートカットのWindowsキー+Tabキーで起動することも出来ます。

TasViewButton

タスクビュー画面の「新しいデスクトップ」の部分をクリックすることで、仮想デスクトップを追加できます。

仮想デスクトップの切り替えには、下に小さく表示されているそれぞれのデスクトップのサムネイルをクリックすることで切り替えを行えます。また、キーボードショートカットでは、Windowsキー+Ctrlキー+カーソル移動キーの左右で切り替えを行うことも出来ます。

仮想デスクトップを便利に使うための機能の拡張も

ある仮想デスクトップから別のデスクトップにウィンドウを移動したいこともあると思います。

この場合は、タスクビュー画面で、移動させたいウィンドウのサムネイルを、移動させる先のデスクトップのサムネイルの上にドラッグアンドドロップすると移動が行えます。

また、複数のデスクトップで同じアプリケーションを実行させたい場合もあると思います。

この場合には、対応しているアプリケーションに限定はされますが、Shiftキーを押しながらタスクバーのクイック起動のアイコンなどをクリックすることで、今まで動いていたものとは独立してアプリケーションを起動させることが出来ます。

この機能に関してはWindows標準のアプリは既に対応していますが、その他の会社の手になるアプリケーションソフトは、それぞれの対応待ちの部分があります。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です