Windows10のキーワードは「アダプティブ」

パソコン用Windowsの新バージョン、Windows10にはいくつかのキーワードとなる特徴がありますが、その一つが「アダプティブ」という言葉のようです。

「適応型」などと訳されることもある言葉ですが、Windows10では様々な機能が「アダプティブ」にその動作を変えます。その辺りの一部を紹介してみます。

OS自体の動作モードが変わる

Continuum(コンティニューアム)と呼ばれる機能ですが、Windows10ではインストールされている機器の種類によってOSの動作モードが自動的に変わります。

タブレット端末であればWindows8のような、タイルを表示する形のタブレットモードになります。また、デスクトップパソコンやノートパソコンなどでは、Windows7までのWindowsのような、デスクトップモードで動作します。

また、タブレット端末とノートパソコンの両方の形態を切り換えて使える2in1パソコンだと、
機器のハードウェアのモードを切り換えると、その形に合ったモードでWindows10が自動的にモードを切り換えます。

タブレット端末の形になればタブレットモード、ノートパソコンの形にすればデスクトップモードにスイッチします。

また、Windows10を搭載したスマートフォンに、キーボードとマウス、外部ディスプレイを接続すると、外部ディスプレイにはキーボードとマウスで操作するのに適した形の画面が表示されるようになります。

このような変化を利用者が意識することなく、Windows10側が自動的に行ってくれます。

スポンサーリンク
広告大

表示されるウィンドウサイズによってレイアウトが自動的に変化

ユニバーサルアプリは表示されるウィンドウのサイズによって、表示のレイアウトが自動的に変わります。そのウィンドウサイズに最適(とアプリが判断した)レイアウトでの表示が行われます。

Windows10標準搭載のメールアプリでの表示の例を下に載せます。

mail01

mail02

mail03

また、電卓も実はアダプティブに動作します。

calc01

calc02

スタートメニューもアダプティブ

実はスタートメニューもアダプティブに動作します。

Windows10ではスタートメニューで表示される、Windows8のスタート画面のようなタイルの表示される部分のサイズを変更することが出来ます。ここの部分の横幅が変化すると、やはり自動的にレイアウトが変化します。

Windows10インストール直後の状態だと、タイルは「二段組み」の形で表示されているのですが、横幅を広げてやると三段組み、四段組とレイアウトが変化していきます。

StartMenu01

StartMenu02

こういった機能が本当に使いやすいものかどうか、これから使いやすくなっていくのか、については、まだまだ未知数の部分もありますが、マイクロソフトでは、Windows10をスマートフォンからパソコンまで、すべてのデバイスに搭載するつもりでいますから、そのための基盤作りの意図がはっきりと見える形にはなっていると思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です