Windows UpdateによるWindows10への無償アップグレードを抑制するには

まず最初に。
基本的にWindows7や8.1からWindows10へのアップグレードが、自動的に行われることはありません。

通常の手続きであれば、通知領域の「Windows10を入手する」のアイコンをクリックして開くプログラムから予約を行わない限りは、Windows10に勝手に更新されることはありません。

ですが、将来的にはWindows UpdateにWindows10へのアップグレードプログラムが載ってくる可能性が言われており、このアップデータの自動ダウンロードなどを抑制するための方法がMicrosoft社のテクニカルサポート的なblogで公開されています。

主に企業ユーザ向けの設定

この設定はMicrosoft側としては、主に企業ユーザを意識したもののようです。設定に必要な機能やレジストリのキーは、Windows7や8.1のPro版以上のエディションに搭載されたものとなっています。

企業用のパソコンでは特定の業務用アプリケーションソフトが動く必要があったり、業務に必須となる特別な周辺機器が使われていたりする場合があります。こういった機能の互換性の観点から、安易にWindows10へのアップグレードを行えない事情もあります。

また、ある会社の社内のパソコンが一斉にWindows10へのアップデータをダウンロードし始めてしまったら、会社のインターネット回線がパンクしかねません。

こういった事象への配慮だと思われます。

以下に、Windows Update経由のWindows10への無償アップグレードを抑制する方法3つを簡単に記します。

スポンサーリンク
広告大

グループポリシーエディタを利用する方法

一つ目は、Pro版以上のエディションに搭載される機能の、グループポリシーエディタを利用する方法です。

グループポリシーエディタは、Windowsキー+Rキーの同時押しで開く「ファイル名を指定して実行」のウィンドウに、「pgedit.msc」と入力してEnterキーを叩くことで起動します。

グループポリシーエディタが起動したら、「コンピュータの構成」 -> 「管理用テンプレート」 -> 「Windowsコンポーネント」 -> 「Windows Update」とたどります。

「Windows Update」の項目の内容のうち「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」と書かれた項目をダブルクリックし、「有効」チェックボックスにチェックを入れて「OK」をクリックすることで設定が完了します。

レジストリエディタを利用する方法

※レジストリエディタを使用してレジストリの値を変更する処置では、修正内容を間違えると最悪Windows自体が起動しなくなる恐れもあります。適用は、利用者の自己責任の元で行ってください。

レジストリエディタを利用して、以下のレジストリの設定を行います。

キー名:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
名前:DisableOSUpgrade
種類:REG_DWORD
値:1

この記載の意味が理解できない方は、申し訳ありませんがこの方法は取らないのが安全確実です。

コマンドラインからコマンドの入力で行う方法

上と同じくレジストリを修正するやり方ですが、こちらはコマンドプロンプトから入力するコマンドを使用します。

こちらの方法を行うには、まずコマンドプロンプトを管理者権限で実行します。その後、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v “DisableOSUpgrade” /t REG_DWORD /d 00000001 /f

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です