タッチタイピングのススメ

タッチタイピングとはパソコンなどのキーボードで、手元を見ないでキー入力を行う方法のことです。

以前は「ブラインドタッチ」などと呼ばれていましたので、そちらの名前で記憶してらっしゃる方もいるかもしれません。

ブラインドタッチ(Blind touch)は元々が和製英語というやつで、英語圏の人たちと話をしても通じない言葉だったこと、元々こういった入力方法を示す「触鍵法」に由来する言葉ということで、タッチタイピング(Touch typing)という単語に切り替わってきたようです。

タッチタイピングをマスターすることによるメリット、まず一つ目は、確実に入力速度が速くなることです。

キーボードを見てキーの位置を確認しながらの入力が必要なくなるため、マスター出来ると格段に文字を打つ速度が上がります。

次に、入力している際にキーボードではなく、入力を行っている画面や原稿を見続けることが出来るため、入力の間違いにすぐに気づけるようになります。

そしてもう一つ、目の疲労がぐっと少なくなります。

視線の移動が少なくなりますし、ディスプレイ、原稿、キーボードなどと、目のピント移動の機会も減りますから、必然的に目も疲れにくくなると。

人によっては眼精疲労から来る肩こりなんかが軽減されるかもしれませんね。

ただ、タッチタイピングのマスターはそれなりに大変ではあります。

ぶっちゃけ話をしてしまうと、タッチタイピングマスターのための近道とか、特効薬はありません、残念ながら。練習、つまりはたくさん文字、文章を入力し続けるしか道はなかったりします。

とはいうものの、タッチタイピング練習の効率をある程度上げる方法はあります。

その一つは、まずは「ホームポジション」と、それぞれの指で押すキーの役割分担をしっかり理解すること。

ホームポジションは、右の人差し指が「J」のキーの上、左の人差し指が「F」のキーの上に来るような、手の位置のことです。

キーボードによってはキートップのくぼみが深くなっていたり、小さな出っ張りのマークがついていたりします。

スポンサーリンク
広告大

続いてそれぞれの指の役割分担はこんな感じ。

左手
人差し指 4,5,R,T,F,G,V,B
中指 3,E,D,C
薬指 2,W,S,X
小指 1,Q,A,Z

右手
人差し指 6,7,Y,U,H,J,N,M
中指 8,I,K,「,」(カンマ)
薬指 9,O,L,「.」(ピリオド)
小指 0,P,;,/ とそれより右側のキー

文字だけで並べると何が何だかよく分からなくなりますが、実際にキーボードの実物の上に手を置いてみるとすぐに分かると思います。

出来るだけ手をホームポジションから移動させずにそれぞれの指の守備範囲を守って入力を行えるようになると、速度も上がってきますし、疲れも減ってくるはずです。

タッチタイピング習得にもっとも良いのは恐らくは、専用の練習ソフトを使うことです。そして練習中は間違えても構わないので、とにかく手元を見ずに頑張ること。

練習ソフトは、よく使う単語を何度も入力するドリルがあったり、入力間違いの様子の統計を取って苦手なキーを表示してくれたり、テストとして入力速度の測定を行ってくれたりします。

入力速度の計測で入力速度が上がることを目標にすると、練習を続ける動機の一つになるかもしれません。

あとは、日常的に文章を書き続けること。
どこかにblogを開設してそちらで日記を毎日書く、なんていうのも効果があると思います。

このあとはわたしの体験から感じたものですので、全ての人に当てはまるものかどうかはわかりませんが、参考までに。

英文入力をタッチタイピングで速く行える人の感覚を聞いたことがあるのですが、そういう人たちは英単語のスペル一文字一文字を入力時に思い浮かべつつタイプしているわけではないのだそうです。

ある単語を一気に入力するときの「指の動きの流れ」を記憶している、と。

これはわたしの日本語入力の場合にも同じことが言えている気がします。

このため、タッチタイピングで入力している最中にキーボード自体をどちらかにずらしたら、ずらしたことにお構いなしで元の配置をなぞる指の動きをします。

例えは「あさ(ASA)」と入力しようとしているときに、キーボードがキー1個分左に動いたら、入力されるのは「SDS」になるはずです。

タッチタイピング練習の際にはこの辺をイメージしておくと、もしかすると習得が楽になるかもしれません。

ローマ字入力の初心者の方であれば、「か」と打とうと思ったら、「K」「A」と分割してキーの位置を探すのではなく、「か」といったらこの指の動きの流れというのを覚える、と。まずはそこからスタートではないかなと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です