【上級者向け】Windows10を「予約」なしにアップグレードする方法

マイクロソフトが事前の予告通りに、一般的なWindows10へのアップグレードのルートからは外れる形の、「予約」なしでの手動でのアップグレード方法を公開しました。

この方法でのWindows10へのアップグレードのやり方をまとめます。

ただし、この方法では、お使いのパソコンの機能がすべて動作するかどうかの確認や、何か問題が発生した際には、自ら原因を調べて解決できることが前提になります。こちらも自己責任の下で行ってください。

メディア作成ツールをダウンロードする

まずは、マイクロソフトが公開してくれている、「メディア作成ツール」をダウンロードします。マイクロソフトの該当ページは以下のアドレスです。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MediaCreationTool00

スポンサーリンク
広告大

メディア作成ツールを起動してインストール用の媒体を作成

メディア作成ツールを起動すると、以下の二つの選択肢が表示されます。

  • このPCを今すぐアップグレードする
  • 他のPC用にインストールメディアを作る

MediaCreationTool01

※著者の環境でテストしたところ、「このPCを今すぐアップグレードする」では、最後にツールがエラーを出して停止したため、「他のPC用にインストールメディアを作る」で以下の手順を確認しました。

起動後、利用する言語、Windows10のエディション、アーキテクチャ(32bit/64bit)を選択します。次に、作成する媒体を選択します。DVDにコピーするISOイメージか、より高速でインストールが可能になるUSBメモリを選択できます。

これらの選択を行うと、Windows10のインストールプログラムのダウンロードが始まります。

3GB以上のファイルを落としてきますので、光回線でもそれなりの時間がかかります。また、携帯回線を利用している方は、通信容量が膨大になりますので出来れば有線の回線が利用できる環境での作業をおすすめします。

ダウンロードが終了すると、ダウンロードした内容に問題がないかのチェックを行い、USBメモリへの書き込みが始まります。

アップグレードプログラムの実行

ここまでに作った媒体からは、クリーンインストールも実行できます。

アップグレードの際には、アップグレードしたいパソコンが起動している状態でUSBメモリを接続します。そして、USBメモリの中のルートディレクトリにある「setup.exe」を実行すると、アップグレードが開始になります。

一見、Windows Updateのような画面が開きますので、「更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)」を選びます。

途中に表示されるWindows10のライセンス条項に同意することで、インストールが開始されます。

あとはインストールプログラムにほぼお任せで、Windows10へのアップグレードが終了します。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です