Windwso10狂想曲そのこぼれ話

7月29日、無事Windows10が正式リリースされました。

既に無事Windows10にアップグレードが完了して、どんどん利用されている方もいらっしゃるでしょう。

また、中にはアップグレード予約をしているのになかなかアップグレードが出来るようにならないと、やきもきしている方や、他の人たちの様子をじっくり見て、アップグレードするかどうかをうかがっている方もいらっしゃるでしょう。

そんな中でのWindows10をめぐるいくつかのトピックを取り上げてみます。

7月29日前後、何もなかったプレビュー版

Windows10ではインサイダープレビュー版に最も早く正式版相当の内容が配信されると言われていたため、Windows7や8.1からWindows10プレビュー版にアップグレードして当日を迎えた方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、プレビュー版を使っている人たちは、拍子抜けの7月29日を迎えることになりました。何もなかったのです。

7月29日に、目立ったWindows Updateも、何も落ちてくることはありませんでした。

どうやら、正式リリース前に最後に配信されたビルド番号10240のプレビュー版+幾ばくかのWindows Updateが、Windows10正式版相当である、ということだったようなのです。

確かに、インサイダープレビュー版を使用している人たちは、世界で最初にWindows10の正式版と同等の機能を利用していたことになりました。ですが、正直なところ拍子抜け、となりました。

スポンサーリンク
広告大

Windows10正式版は24時間で1400万ダウンロードを記録

Windows10の正式版は、7月29日の解禁以降24時間で1400万ダウンロードを記録したそうです。

ですがこのダウンロードって、一体誰に配信されたのでしょうね?プレビュー版ユーザには一切配信が行われていませんし。

アップグレードを予約したユーザも、通常の手順に従っている人たちの元には、なかかなアップデートプログラムが届いていないようです。

もしかすると、予約なしでのアップグレードを可能にするツール経由でのダウンロード数がかなりの数に上っているのかもしれません。

Windows10パッケージ版の販売開始時期決定

Windows10のパッケージ版の発売日が決定しました。9月4日販売開始となります。また8月7日より、販売店での予約も開始されました。

パッケージ版では媒体はUSBメモリとなり、32bit版、64bit版、両方のインストールプログラムが格納されます。

DVD-ROM版の存在は日本マイクロソフトの公式blogでは触れられていません。もしかすると、Windows10ではDVD-ROM版が当面リリースされないのかもしれません。

価格は税別で、Home版が13,800円、Pro版が25,800円となります。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です