Windows7メインストリームサポート期間終了

2014年春にWindowsXPのサポート終了が大きな話題/問題

となりましたが、そのWindowsXPの後釜として多くの人が移行先に選んだと思われるWindows7、こちらにもマイクロソフトのサポート期間が定められています。

2015年1月、Windows7のメインストリームサポート期間が終了しました。このあとは「延長サポート期間」ということになります。

実際には、延長サポート期間に入ったからといって利用者は特に何も心配する必要はなく、メインストリームサポート期間と同様にWindowsのセキュリティアップデート等はごく普通に受けられます。

スポンサーリンク
広告大

ただし、この延長サポート期間は5年です。

この部分はマイクロソフトからキッチリと明示されています。

というわけでWindows7の延長サポート終了日は2020年1月14日となります。

個人ユーザーであればまだ5年もあるや、で、大丈夫だと思いますが、大量のパソコンを抱える大企業などは、そろそろ2020年のパソコン置き換え、またはWindowsのアップグレードを見据えた計画を考えはじめなければならないのかもしれません。今度は、WindowsXPの時のような、大騒動にならないことを祈りたいものです。

ただ、WindowsXPの時とちょっと事情が異なる部分は、対象となるパソコンの性能の違いがあります。

Windows7が最初からインストールされているパソコンは、(特に)初期のWindowsXPがインストールされていられていたパソコンよりもずっと性能が高いのです。

ですので、そういったパソコンであれば、Windows8.1やその次のバージョンであるWindows10はまず問題なく快適に動作させられるはず、というところですね。

Windows8のリリース時には、マイクロソフトがWindowsXPのサポート終了とも時期が重なることも考慮して新しいOSへの乗り換えを促進するために、Windows8のダウンロード版を格安で販売するキャンペーンを行いました。

ですが、Windows7終了時に同様のことが行われる可能性は微妙だと思いますので、OSのアップグレードで対処するとしてもそれなりの予算は考えておく必要があります。

このWindowsをアップグレードする作業は、多くの場合、数時間以上の時間を必要としますので、企業によっては新しいPCに入れ替えるほうがトータルとしてはコスト削減になるとして、PCのリプレイスを選択するのかもしれませんね。

ちなみに、Windows7の一つ前のバージョンであるWindowsVistaは既に延長サポート期間に入っています。こちらの延長サポート期間の終了は2017年4月11日

またWindows7の次のバージョンであるWindows8は、2018年1月9日にメインストリームサポートが終了となり、2023年1月10日に延長サポートが終了します。

サポート期間直前になるとまたパソコン特需とかいうお話が出て、新しいパソコンが品薄になる可能性もあるかもしれません。そういう状況になっても慌てないよう、前もって意識・準備はしておきたいところです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする