パソコンの次のキーワードの一つはVR?

今、パソコンの世界では仮想現実、VRが一つのキーワードとして注目を集めつつあります。

比較的手に入りやすい価格でヘッドマウントディスプレイが提供されそうな見込みが出てきたことも大きいと思いますが、そのほかにもやっとVRを現実的なレベルで、個人のパソコンでも実現できそうな環境が整ってきたことも大きいと思われます。

今、パソコンなどでのVRの状況を少しまとめてみます。

HMD、ヘッドマウントディスプレイとは

仮想現実を実現するための周辺機器として現在の実現方法ではどうしても外せないのが、HMD(Head Mount Display)です。

今のHMDはゴーグル型で、立体視を実現するために左右の目それぞれに専用のディスプレイがあり、頭の動きをトレースするための加速度センサーなどが取り付けられています。

パソコンなど、三次元の映像情報を生成可能な機器にHMDを接続して、仮想現実世界の映像を利用者の頭の動きに合わせてリアルタイムで生成してHMDの中のディスプレイに表示し続けていくことで、利用者が仮想世界に没入したような感触を作り出します。

従来はHMD自体が非常に高価で個人レベルでなんとか出来るようなものではなかったのですが、最近になって価格が劇的に下がる可能性が出てきて、比較的多くの人がVRに触れられる可能性が出てきています。

スポンサーリンク
広告大

先鞭をつけたのはOculus Rift

一般向けのVR、HMDに先鞭をつけたと言えそうなのは、Oculus Riftという製品を開発中のベンチャー企業です。既に、ベータ版的な製品が世の中に出回っていて、パソコンの世界でのVRといえばOculus Rift、という形で既にいろいろな開発が回り始めています。

本当の製品版の発売は2016年。心待ちにしているユーザ、企業なども多い製品になっています。

PlayStation4向けでもVRシステムを開発中

SONYもPlayStation4向けにVRシステムの開発を行っています。従来は「Project Morpheus」の名前で呼ばれてきていましたが、正式に「PlayStationVR」の命名が行われました。

SONYでは元々個人向けの3Dディスプレイとして、ヘッドマウント型の製品も製造販売を行っていましたので、ディスプレイ技術などではそちらの流れが入ってきているものと思われます。

こちらもまだ開発段階ですが、ゲームショウなどでのデモンストレーションでは、既にかなり高い完成度での展示が行われています。

マイクロソフトのHoloLens

こちらは厳密にはVRではなく、拡張現実、AR(Augmented Reality)とか、MR(Mixed Reality)などと呼ばれる製品になりますが、マイクロソフトでも新しい概念のヘッドマウントディスプレイを開発しています。

HoloLensは単なるHMDではなく、Windows10を搭載したパソコンでもあります。このため、単体でも動作が出来るのが特徴になっています。

現実社会にHoloLensが生成する仮想の画像を重ね合わせるかたちで、人間の知覚を拡大することを目的としているようです。

こちらも2016年から開発者向けの製品が発売開始されますが、各種センサーやパソコン本体そのものも内包する製品になっているため、3000ドルと、こちらはかなり高価なプライスタグがつけられています。

実は高性能なパソコンを必要とするVR

VRがなかなか普及しなかったのはHMDが高価だったせいもありますが、もう一つの理由はVRの表示のためには、かなり高い3Dの表示性能が必要になるからでもあります。

立体視のために左右の目に専用のディスプレイが必要で、現実感ある映像にするためにはある程度の高解像度も必要になります。また、動きの激しい映像にも対応できるようにするためには、画面の更新速度もある程度のものを確保しなければなりません。

こういった要求に対応できるような高い3D性能を持つGPUがかなり手軽に入手可能になってきたことも、ここに来てVRが盛り上がり始めた理由の一つと言えると思います。
VRはアミューズメント目的でも実用目的でも、もしかするとまた一つパソコンの新しい方向性を作ることの出来るかもしれないジャンルですので、今の盛り上がりのように、各方面からの注目が集まるのも当然のことなのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です