Windows 10にMicrosoftアカウントでサインインする設定を行うには

Windows 8から、Windowsのログイン(サインイン)にMicrosoftアカウントを利用することが出来るようになりました。

Microsoftアカウントを使ってログインすることで、クラウドストレージのOneDriveをシームレスに利用したり、同じアカウントでログインしたパソコン同士の設定の一部を同期することが出来るようになります。

また、メールアプリやカレンダーアプリに一部の設定が自動的に行われるメリットもあります。

Microsoftアカウントをとる方法と、Windows 10でMicrosoftアカウントを使ったログインに切り替える方法を紹介します。

Microsoftアカウントの取得方法

Microsoftアカウントは、マイクロソフトのWebサービスから取得することが出来ます。また、Windows 10の設定画面のアカウントの項目からも採取できます。

まず、マイクロソフトのWebから取得する方法を説明します。

以下のページにブラウザでアクセスします。
https://signup.live.com/signup

表示された画面の右下にある「新規登録」をクリックします。

MS_account01

ユーザ名、各種個人情報を入力する画面が表示されますので、適当にフォームを埋めて、一番下の「アカウントの作成」ボタンをクリックすると、新しいMicrosoftアカウントが作成できます。

MS_account02

入力するメールアドレスには既存のものを利用することが出来ます。また、この画面からOutlookやHotmailなどのアドレスを取得して利用することも出来ます。新しいメールアドレスを取得するには「新しいメールアドレスを作成」のリンクをクリックします。

MS_account03

どのサービスのメールアドレスを取るかは、「新しいメール」欄の後ろにある下向き三角の部分をクリックすると選択が行えます。

MS_account04

次にWindows 10の設定画面からMicrosoftアカウントを取得する方法を説明します。

取得は設定画面の「アカウント」の項目を利用します。この画面で「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」のリンクをクリックします。

MS_account10

次に表示される「自分用にセットアップする」画面で、「作成しましょう!」の部分をクリックします。

MS_account06

こちらで手持ちのメールアドレスを利用してMicrosoftアカウントを作成することが出来ます。

MS_account07

新規にメールアドレスを作成してアカウントを取ることも出来ます。この場合には「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。

MS_account08

こちらではOutlook.comのメールアドレスのみ取得可能になっています。

適当なメールアドレスを入力して「次へ」ボタンをクリックすることで、メールアドレスを作成できます。

MS_account09

スポンサーリンク
広告大

Windows 10のログインをMSアカウントを使うものに切り替える方法

Windows 10のセットアップを行う際に、ログインをMicrosoftアカウントで行うよう設定することも出来ます。ここでは、セットアップ時にはローカルアカウントで設定したケースで、途中でMicrosoftアカウントでのログインに切り替える方法を説明します。

切り替えは設定画面の「アカウント」から行います。アカウントの画面の「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

MS_account10

するとMicrosoftアカウントのIDとパスワードを入力する画面が出ますので、手持ちのアカウントの情報を入力して「サインイン」ボタンをクリックします。

MS_account11

つぎの画面で、Windows側のローカルログインに利用するパスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックします。

MS_account12

この作業の流れでログインの際に入力するパスワードの代わりにPINコードを設定することも出来ます。

MS_account13

以上の操作でMicrosoftアカウントでログインが行えるようになりました。

MS_account14

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする