Windowsパソコンでファイル共有を行うには

Windows 10を含むWindowsパソコンでは、自分のパソコンやそれ以外のパソコンと、ファイルやフォルダを共有して利用する仕組みが準備されています。

LANなどのネットワークでつながっている必要はありますが、ファイルを共有して利用したいときに、USBメモリなどの物理的な媒体を使ってファイルを持ち回る必要がありません。

とても便利な仕組みです。

ほかのパソコンのフォルダを共有して利用する

パソコン間でファイルやフォルダを共有するには大きく分けると2パターンがあります。

1つは自分のパソコンのフォルダを、ほかのパソコンから利用してもらうこと。もう1つは、ほかのパソコンのフォルダを利用させてもらうことです。

まずは、ほかのパソコンのフォルダを利用する方法を紹介します。

最初にフォルダの共有設定を行っているパソコンを探します。
(ファイル)エクスプローラで「ネットワーク」をクリックします。

Share001

初期状態のWindowsパソコンでは、共有設定を行っているパソコンをネットワークから探す設定が無効になっていることがあります。この際には、上の画面のレモン色のバーが表示されます。このネットワーク探索を有効化します。

レモン色のバーを右クリックして表示されるメニューから「ネットワーク探索とファイル共有の有効化」を選びます。

Share002

Windows 10をインストールした直後のパソコンでもこうなっていることが多いのですが、ネットワークの種別がパブリックネットワークになっていることがあります。

「ネットワーク探索とファイル共有」はプライベートネットワーク(≒LAN)でしか利用できませんので、この設定を切り替えます。

Share003

すると一般的にはLANの中にあるパソコンがエクスプローラのネットワークの項目の下に表示されるようになります。

Share004

このネットワークの項目に表示されたパソコンの中でフォルダの共有を許可しているパソコンを開くと、共有フォルダの中身を参照することが出来ます。

Share005

フォルダの共有を許可しているパソコンの設定にもよりますが、共有フォルダの下のファイルを読み出したり、書き換えたりすることも可能ですし、新たにファイルを作って共有フォルダに置くことも出来ます。

スポンサーリンク
広告大

自分のパソコンのフォルダをほかのパソコンから利用できるようにする

今度は、自分のパソコンのフォルダをほかのパソコンから共有して利用できるようにする設定です。

まず、共有したいフォルダをエクスプローラの画面から右クリックしてでるメニューで「プロパティ」を選びます。出てきたプロパティのウィンドウの中で「共有」のタブを開きます。

すると「共有」ボタンがありますので、これをクリックします。

Share006

すると「ファイルの共有」画面が表されます。ここで共有を行うユーザ名を選択します。

ここでは「Everyone」を使ってみましょう。EveryoneはWindowsに登録されているどのユーザからのアクセスも許す、特別なユーザ名です。

Share007

プルダウンメーニューでEveryoneを選んだ後「追加」ボタンをクリックすると、次の画面になります。この画面で「共有」ボタンをクリックすると、フォルダの共有がスタートします。

Share008

ここではsampleフォルダが共有されるようになりました。

Share009

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする