Windowsのペイントでは正式なアイコンデータ作れません

Windows用のアイコンのデータを作るには、32ドット x 32ドットの画像をつくって、Windows付属のペイントでBMP形式で保存して、拡張子を.icoにすればOK。

といったチュートリアルのサイトを未だにたくさん見かけますが、このやり方では正式な形アイコンのデータを作ることはできません。

この方法でも一応の利用は可能なのですが、アイコンの拡大に対応できません。

最近のWindowsではアイコンがとてもキレイに表示されることに気がついた方もいらっしゃるかもしれません。新しいWindows用のアイコンデータには、かなり精細な画像が登録されていて、非常に大きなサイズまでの拡大に対応できる構造になっています。

ですが、ペイントを使って作成するアイコンでは、これには対応できません

今回は、正式な形のアイコンデータを作成する方法を紹介します。もちろん、特大サイズのアイコン表示にまで対応可能です。

ペイントではダメ。専用のフリーソフトを利用

正式なアイコンのデータを作る方法にもいくつかの手段がありますが、今回はとても良くできたフリーソフトを利用します。今回は「アイコン ウィザード」というソフトを使います。

こちらのソフトはフリーウェア、シェアウエアなどの配布、通常の製品版ソフトの販売を行なっている「ベクター」からダウンロードできます。

このソフトのページはこちらです。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/amuse/se430751.html

スポンサーリンク
広告大

アイコンデータ作成手順

アイコン ウィザードを起動すると次の画面が開きます。

icon01

ここに適当な写真をドラッグアンドドロップすると、次のようになります。

icon02

アイコンは正方形なので、横長の写真では上下に空白ができます。今回は空白を付けたくないので、「余白なし」にチェックを入れます。

icon03

すると写真の中央部がトリミングされて、余白がなくなりました。

「次へ」ボタンクリックでこちらの画面に切り替わります。背景を透明にする場合には、こちらで指定行ないます。今回は設定しません。

icon04

「次へ」ボタンのクリックでこちらの画面に切り替わります。

明るさコントラストなど、簡単な写真の調整が行えるようになっています。今回はこちらも使用しません。

icon05

「次へ」ボタンのクリックで、アイコンデータに含む画像の種類を指定する画面に切り替わります。

アイコンデータには、これだけたくさんの種類のデータをいっぺんに格納できるようになっています。これによって、アイコンを拡大した時にもキレイな表示が可能になります。最大256ドット x 256ドットのサイズまでのデータを登録できます。

icon06

最後に作成するアイコンのファイル名などを指定します。

icon07

「完了」ボタンのクリックで、アイコンデータが作成されます。

icon08

実際に出来上がったアイコンがこちら。

icon09

拡大してみると、ここまで大きくしても(特大アイコン表示)キレイな表示が行えます。

icon10

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です