Windows 10サインインにピクチャパスワードを使う方法

Windows 10ではタブレットパソコンなど、タッチパネルを採用した端末でのログイン操作に便利なように、ピクチャパスワードという仕組みが準備されています。

この方法を使うとキーボードから文字を打ち込むことなく、タッチパネルから操作しやすい手順でWindowsへのログインを行なうことが出来ます。

ピクチャパスワードの設定方法

ピクチャパスワードの設定もWindows 10の設定画面から行ないます。設定画面の「アカウント」の「サインイン オプション」を利用します。

この画面の下の方に「ピクチャ パスワード」の項目がありますので、こちらの「追加」ボタンをクリックします。

PicturePass01

すると、ピクチャパスワード設定画面に切り替わります。まずは、現在ログインしているアカウントのパスワードの確認が行なわれます。

この例では、Microsoftアカウントでログインしていますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力します。

PicturePass02

最初に表示された画像以外を使うには、パスワード入力後に「別の画像を選ぶ」ボタンをクリックします。すると、いつものファイルを選択するウィンドウが開きますので、こちらを使って使いたい画像を選びます。

PicturePass03

実施例では最初に表示された画像をそのまま利用しています。

スポンサーリンク
広告大

ジェスチャを登録

ピクチャパスワードでは「ジェスチャ」3つの組み合わせでログインの認証を行ないます。ジェスチャには、円を描く動き、直線を引く動き、タップする動作が使えます。

1つジェスチャを入力すると、ステップが一つ進む形です。

PicturePass04

3つのジェスチャの入力が認識されると、設定したジェスチャの確認のステップになります。同じ3つのジェスチャをもう一度入力します。

PicturePass05

同じ動作が行えれば、ピクチャパスワードの設定は完了です。

PicturePass06

PicturePass07

次回のログインから、ログイン操作をジェスチャでも行なうことが可能になります。また、ジェスチャはマウスでも行なうことが出来ます。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です