2016年のCP+で発表された注目のカメラ

2016年のCP+は、久々に各メーカーがこのエキスポに合わせた新製品発表を数多く行なって話題の多い内容となりました。

今は、海外のより大きな家電などのエキスポに合わせたタイミングでデジタルカメラ関連の新製品の発表が行なわれるケースが増えましたので、どうしても国内のカメラ関係のエキスポは話題が少なくなりがちになっています。そういう点でも久々の盛況となったCP+だったかもしれません。

今回は今年のCP+で発表された注目のカメラを取上げます。

シグマsd Quattro

これまでレンズ交換式のカメラでシグマのFOVEONセンサーの最新のもの、Quattroセンサーを搭載したカメラが存在しませんでした。コンパクトデジカメ、と言うにはかなりサイズが大きいですが、レンズ交換の出来ない単焦点レンズを搭載したタイプのカメラにだけ、FOVEON X3 Quattroセンサーが使われていました。

ですが、ようやく今年のCP+でQuattroセンサーを搭載したレンズ交換式のカメラが発表されました。そしてこのカメラがまたなんともシグマらしいユニークなものとなっています。

タイプとしてはミラーレス一眼なのですが、レンズのマウントにはシグマのデジタル一眼レフのSAマウントをそのまま採用しています。せっかくのミラーレス構造から来る、バックフォーカスの短さによるレンズ設計の自由度は捨ててしまった形になります。

カメラの形もとてもユニークで、デジタル一眼レフ用マウントのフランジバックの長さを吸収するために、一般的なミラーレス一眼に一眼レフ用レンズを取り付けるためのマウントアダプタをくっつけたような形をしています。

EVFも搭載するボディーですが、そのEVFの取り付け位置もかなり独特の位置で、絶対に他のカメラとは見間違うことのない形をしたカメラです。

レンズに関しては、今シグマが持っているデジタル一眼レフ用のレンズはきわめて性能が高いものが多く、Quattroセンサーの性能を十分に発揮可能と考えているのかも知れません。

またショートバックフォーカスでなくても十分高性能なレンズを作れるという、設計技術への自信の表れとも言えるかもしれません。

もっと現実的な部分で言えば、SAマウントに加えてミラーレス一眼用の新マウントを維持するだけの社の体力がないとか、新マウントで十分なレンズのラインアップを作り上げるまでの時間を惜しんだ、など、様々な理由でこの形に落ち着いたのでしょう。

ちなみにそのおかげもあってsd Quattroは、現存するミラーレス一眼の中では最も多くの純正レンズを使えるカメラに躍り出る形になりました。高性能なシグマ製レンズと最新のFOVEONセンサーの作り出す画像が今から楽しみです。

スポンサーリンク
広告大

キヤノンPowerShot G7X MarkII

キヤノンの1型センサー搭載コンパクトデジカメの第2世代と言えるカメラがこのカメラです。

先代のG7Xが良く出来た機種でしたので意外と変更点は少ないのですが、液晶モニターのタッチパネル化、小さいながらも指掛かりの良いグリップを採用など、先代に対するユーザの不満点を地道につぶしてきた印象です。

ただ一つ、映像エンジンが新世代のDIGIC 7になっている部分は大きな変更点です。

最近のキヤノンは映像エンジンの新作をまずはコンパクトデジカメに搭載する傾向が続いています。そこで絵作りなどの評判を聞いて、さらにブラッシュアップしたものを一眼レフなどに載せてくる形を取っているのかもしれません。

新映像エンジンの素性を見るためにも、注目のカメラです。

まとめのようなもの

冒頭にも書いたとおり今年のCP+は本当に豊作で、ハイエンドのデジタル一眼レフから、コンパクトデジカメまで、本当にたくさんの新製品が登場しました。ユニークなカメラレンズも多く、これからが楽しみになってくるラインアップです。

コンパクトデジカメではニコンがDLシリーズを投入したことで、1型センサー搭載機がほぼ全メーカー出揃った形です。1型センサー搭載コンデジ市場は、今、既に熱い戦いが行なわれているフィールドですが、また一つ競争が加速するかもしれません。

このジャンルも楽しみが一つ増えました。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です