Windows10スマホでは初の高い質感。VAIO Phone Biz

VAIO株式会社としては初のWindows 10 Mobile搭載スマートフォンが、VAIO Phone Bizです。ここまでに日本で発売されているWindows 10スマホとしては最高クラスのスペックと、非常に質感の高いボディーを実現していることが特徴です。

今回は、このVAIO Phone Bizをご紹介します。

「真の」VAIOスマホ

12_08_VAIO_Phone_Biz

実はVAIOと名の付くスマートフォンはAndroidOSを搭載したVAIO Phoneが既に2015年に発売されています。

ただ、そちらのスマートフォンではVAIO社はほぼスマートフォンの中身には関わっておらず、実質VAIOの名前を貸しただけに近い形の機種でした。このため残念ながらVAIOらしさがない機種となっていて、ユーザーの心を掴むことは出来ませんでした。

これに対してVAIO Phone Bizは事実上初のVAIO社の手になるスマートフォンです。製造自体は中国のメーカーが手がけますが、製品の最後のチェックはVAIO社の安曇野工場で行なわれています。

デザイン面でも本体のケースにはアルミ削り出しのものが使われて、背面のVAIOロゴはしっかりと彫り込みが行なわれ、梨地仕上げとなった外見もとても高級感のある仕上がりになっています。

見た目からしてほとんどの人がVAIOらしさと、持つこと自体の満足感を得られる仕上がりになっていると思います。

スポンサーリンク
広告大

スペックのおさらい

VAIO Phone Bizのスペックは、パソコンのCPUなどにあたるSoCにはクアルコムのSnapdragon 617を採用。現行のミドルクラスの上限に当たるぐらいのチップです。

液晶はフルHDの5.5型のものを採用。日本のメーカーが出すWindows 10スマホでは初めてのフルHD機です。

メモリは余裕のある3GB。ストレージは16GBを搭載。

Windows 10スマホとしては初めてドコモの相互接続性試験に合格しており、キャリアアグリゲーションによる最大225Mbpsでの通信も可能になっています。

Continuumにももちろん対応

ディスプレイを無線でつなぐMiracastによる対応となりますが、メモリを3GB積んだことで、Continuum対応で先行したNuAns NEOよりも余裕のある形でContinuumに対応しています。

マイクロUSBコネクタはUSB OTG(on the go)にも対応しますので、USBコネクタにマウスやキーボードを接続してOfficeなどでの作業が可能になっています。

ビジネスユースが最初のターゲット

Windows 10 Mobileではアプリの充実が普及のための最大の課題となっていますが、ことビジネスユースで考えると実はもう十分に対応可能なレベルのアプリは揃っています。多くのビジネスユーザーにとっては、Officeソフトが最初から利用可能というのはかなり大きなファクターだと思います。

Web閲覧やSkypeなどによるインスタントメッセンジャーサービス、メール、カレンダーアプリによるスケジュール管理など、最低限のスマートフォンでの作業には十分な環境は既に整っています。

またOneDriveによるパソコンとの間のデータの共有に関しては、他のOSのスマホよりも1歩進んでいるとも言えるかもしれません。個人ユーザーでもスマートフォンでゲームなどを遊ばないという方であれば、もう十分な機能があると思います。

ただ、日本以外ではWindows 10 Mobileの盛り上がりは今ひとつで、今後Windows 10スマホの動きがどうなっていくのか若干不安な部分もあります。場合によってはこのジャンルでは、世界で最も先行している日本の動向がWindows 10スマホの今後を左右するかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です