シグマのミラーレス一眼第1号、sd Quattro7月7日に発売決定

13_04

2016年のCP+に合わせて発表され話題を呼んだシグマ初のミラーレス一眼、sd Quattroの発売日が決まりました。七夕の7月7日です。

価格の方はかなり戦略的なお値段がつけられたイメージで、本体は税込み9万円を切って発売される見込みです。

スペックのおさらい

sd Quattroには、シグマ独自の3層構造のイメージセンサーFoveon X3が搭載されます。イメージセンサーサイズは35mmフルサイズへの換算倍率が1.5倍となる、いわゆるAPS-Cサイズセンサーです。

RGBそれぞれの色を感じる3層構造となっていて、一般的なベイヤー配列の単層イメージセンサーよりも色情報が非常に豊富なところが最大の特徴です。

原理的に偽色やモアレの発生しないセンサー構造のためローパスフィルターが不要で、生成される画像の鮮鋭度が極めて高いのがカメラの特徴になります。

sd Quattroに搭載されるFoveonセンサーは最新の世代のもので、レンズ交換式のカメラでこのセンサーを使えるのはこのカメラが初めてになります。

有効素数は約2,900万画素。

今のデジタルカメラのスペック表示の規則の関係で、3層構造のFoveonセンサーでは今ひとつわかりにくい表示になってしまうのが難点ですが、約1960万+約490万+約490万の画素構成になります。シグマでは生成される画像は3,900万画素相当の解像力を持つと表現しています。

実際に生成される画像のサイズは、約1,960万画素になります。

スポンサーリンク
広告大

ミラーレス一眼にマウントアダプタをつけたような大柄なボディー

最近のミラーレス一眼はその仕組みのシンプルさを活かして小型軽量のボディーが増えていますが、この点ではsd Quattroはまさに我が道を行く、といった趣です。

ボディー本体もかなり大柄ですが、そこにマウントアダプタをつけたような独特の形です。本体のボリューム、重量ではミラーレス一眼と言うよりも、デジタル一眼レフのサイズを基準で考えた方が良い大きさになっています。

シグマ自慢のレンズ群の性能を最大限引き出すボディ

このような形態のミラーレス一眼になったのは、マウントにミラーレス一眼専用のものを採用しなかったためです。従来からあるシグマのデジタル一眼レフ用のマウント、SAマウントを持ってきました。

自社のマウント2つを維持するコストの問題もあるでしょうが、それ以上にシグマが自社のデジタル一眼レフ用レンズに多大なる自信を持っている証と言えそうです。

最近はシグマのオリジナルレンズというと、従来のレンズのイメージを打ち破るような高画質のレンズを次々と登場させています。なかでも35mmフルサイズセンサー対応のレンズで画期的な製品を生み出していますが、APS-Cサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ用のレンズにも、極めてユニークで非常に性能の高いレンズがいくつもあります。

APSーCサイズ機専用に50-100mm/F1.8という極めて明るいズームレンズを発売したばかりですので、同社のF1.8ズームの先輩格でやはり極めて高性能な18-35mm/F1.8などとも組み合わせて使うと、ものすごい絵が出て来そうな予感がします。

そういった高性能な自社のレンズの性能を最大限引き出したい、その思いがこのカメラを生んだのかもしれません。

ファームウェアの詰めが気になるところ

今までのシグマのカメラは撮影できる写真の方は素晴らしいものがあるものの、カメラ自体の機能はまだまだ詰めが甘く、「現代的」とは言えない部分を残す機種が多くなっているイメージがあります。

sd Quattroもベータ版がWebメディアなどに出回りつつあるようですが、やはりまだ動作の方はもう少し頑張って欲しい、という部分を残しているようです。7月7日の発売まで、そういった部分がどこまで追い込まれるのか、その部分も注目した方が良さそうです。

それでも、シグマの最新の高性能レンズと最新のFoveonセンサーが叩き出す画像が一体どのようなものになるか、楽しみにしている写真ファンは多いのではないでしょうか。著者もそんなユーザーの一人です。

ボディーの価格はかなり思い切って戦略的な価格をつけた感がありますので、自社のレンズをたくさん使ってもらうためにsd Quattroをその基盤に据えるような発想があるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です