デジタルカメラの記録方式のRAWとは?

普及型のデジタルカメラよりもやや上級の利用者向けのカメラでは、普通にパソコンやスマートフォンで画像を確認できる形式のJPEGでの画像記録の他に、RAW形式での画像の記録を選べる機種が多くなっています。

RAW形式で記録した画像は、一度、パソコンなどにデータを読み込んだ後、専用のソフトで処理を行ってJPEGなどの形式に変換してやらないと印刷したりblogに貼り付けたり、誰かに写真を見てもらうと言ったことがやりにくくなっています。

ですが、そういう面倒さを我慢してでも、RAW形式でデータを保存するメリットがたくさんあります。

  • RAWは生

RAW形式の「RAW」とは英語では「生」を意味する言葉です。

これはデジタルカメラの場合でもほぼ同じような意味で、カメラの中でもこのRAW形式のデータを「調理して」JPEGといったすぐに見られる形の画像を作り出しています。

データの意味的には、イメージセンサーから出て来たデータをデジタル化するだけで、特に何の加工も加えない形で「生」のまま記録したもの、ということになるかと思います。

スポンサーリンク
広告大

画像をあとから修正するのに向いているRAW形式

なぜわざわざあとから別の処理をしなくてはならないRAW形式の記録を選ぶかというと、それは画像の修正作業を行いやすいからです。具体的には、より大きく画像に手を加える修正を行っても、画像が破綻しにくいメリットがあるのです。

JPEG化された画像は、人間が見て滑らかなグラデーションとなるために必要な色の種類のギリギリのところまでしか色数を持っていません。このため画像のコントラストや明るさを大きく変更した場合に、グラデーションの部分が滑らかに繋がらなくなる状態が発生しがちです。

またJPEGという画像の形式は、「非可逆圧縮」と呼ばれる画像の圧縮方法を採用していて、人間が気づきにくい部分で元々の画像が持っていた情報を削り落とすことでデータのサイズを小さくしています。このため、大きく画像の修正を行った場合には、この情報がなくなってしまっている部分が問題になる場合があります。

すべてのデジタルカメラではJPEGの画像を生成する際に画像の見栄えを上げるため、画像の輪郭線を検出してそこを強調する処理が行われます。この処理を何度も行ったりすると、ニセの輪郭線が発生したり、不自然な輪郭となったりします。

RAWデータから画像を生成する場合には、これらの悪影響をある程度避けることが出来るのです。

また、カメラの中で生成するJPEG画像は1回の撮影で1度きりで、カメラが決めた処理方法の1パターンだけで生成されます。RAWデータからあとで画像を生成する場合にはいろいろな設定を変更して、目的や自分の好みに合った画像に近づける試行錯誤が何度でも行えます。

さらに、デジタルカメラに内蔵されている映像エンジンよりも今のパソコンの方がはるかに処理能力が高い上に、デジタルカメラではほんの一瞬で終わらせなければならない画像を生成する処理を、パソコンではじっくり時間をかけて丁寧に行うことも出来ます。

これらの理由から、RAW形式で保存したデータをあとからパソコン上で操作を行って画像を生成した方が、より高画質な画像を得やすい、ということになります。

このため本気で写真を作り込みたい人は、RAW形式での保存を選ぶことが多くなっています。

このようなパソコン上などでRAW形式のデータから画像を生成する作業を、フィルム時代の作業に見立てて「現像処理」と呼ぶようになっています。

ただ、現在のデジタルカメラが生成するJPEGデータも十分に高画質です。そこから更に少しだけ上を目指すために、現像作業の面倒をやる意味があるかどうかは、使う人それぞれ、ということになりますね。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です