遂に登場Windows 10 Anniversary Update

13_07

現地時間8月2日、マイクロソフトはWindows 10の大規模アップデート、Anniversary Updateの配信を開始しました。

ワールドワイドで既に3億5千万台以上のパソコンでWindows 10が動作していますので、そのパソコンが一斉に更新プログラムのダウンロードを開始してしまうと、いかなマイクロソフトの太い回線でもパンクしてしまう可能性があります。

配信はある程度ランダムにユーザーによりタイミングをばらけさせる形で行なわれることになるはずです。このため、なかなかAnniversary Updateが落ちてこないユーザーも出てくることになるかもしれません。

かく言う著者のところでも、最初に通常の経路でAnniversary Updateが配信されたのは8月3日の朝でした。

通常はWindows Updateに乗って配信

これまでのWindows 10の大規模アップデートと同様に、Anniversary Updateでも通常はWindows Update経由で配信が行なわれます。

設定アプリの更新とセキュリティの画面で「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックして、配信が行なわれているかどうかのチェックを行なうことが出来ます。

ただ、こちらは冒頭でも書きましたとおり、ユーザーごと、というよりはパソコンごとに、どのタイミングで落ちてくるかは神(マイクロソフト??)のみぞ知る、ということになります。

スポンサーリンク
広告大

手動でのアップデート手段も提供

いつ落ちてくるか分からないWindows Updateなんて待っていられない!というユーザーには、マイクロソフトがしっかりと手動のでのアップデート方法を準備してくれています。

そのためには、設定アプリの更新とセキュリティの画面の下の方にある「詳細情報」をリンクをクリックします。すると、マイクロソフトのホームページの中のAnniversary Updateに関するページが自動的に開かれ、そのページの中に手動でAnniversary Updateを当てるためのツールのダウンロード用リンクが準備されています。

このリンクを使って「Window 10 更新アシスタント」をダウンロード、実行することで、Windows 10 Anniversary Updateを手動で当てることが出来ます。

主な変更点

Windows 10 Anniversary Updateではまず、スタートメニューに手が入りました。

今まではすべてのアプリの一覧を出すには、一度「すべてのアプリ」のボタンをクリックする必要がありました。ですが、アップデート後のWindows 10では最初からすべてのアプリのリストが見える形に修正されています。

また、手書き入力支援機能の今後の基盤となると思われる「Windows Ink」が実装されました。

Windows 10で新搭載されたブラウザのEdgeの拡張機能はWindows Storeからダウンロード・インストールするように機能が変更されました。この関連では、Web版のOneDriveなどから利用可能だったOffice OnlineがEdgeの拡張機能化されて、Edgeが簡易的にOfficeの機能も持つようになります。

その他、設定アプリのユーザーインタフェースもかなり手が入れられ、便利度が上がっています。

ユーザーが直接意見を伝えて変えていけるOSに

Windows 10はインサイダープレビューの仕組みを始め、正式版にも「フィードバックHub」アプリが搭載されるなど、ユーザの色々な意見を直接マイクロソフトに伝えられる仕組みが整えられつつあります。

今回実装されたもろもろの機能も、すべての人が喜んで受け入れられるものばかりではないかもしれません。そういったときには、今は直接マイクロソフトに意見を伝えられる手段があります。

このようにしてユーザーの声を聞いてどんどん形を変えていくのが、Windowsの新しいカタチになるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です