4年ぶりのリニューアル。キヤノンEOS 5D MarkIV登場

14_01

キヤノンが同社の35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフのメインストリーム機、EOS 5Dシリーズの最新作を発表しました。約3,000万画素のセンサーを搭載したEOS 5D MarkIVです。

他社の35mmフルサイズの「中庸画素」機が従来のEOS 5D MarkIIIを若干超える2,400万画素クラスという状況がずっと続いてきましたが、どうやらEOSの35mmフルサイズ機の「中庸画素」は今後は3,000万画素、と言うことになるのかもしれません。

スペック

EOS 5D MarkIVでは上記の通り、新開発の約3,040万画素のイメージセンサーを搭載しています。

このセンサーはキヤノンお得意の「デュアルピクセル」構造を取るセンサーで、ライブビュー時には全画素が距離測定用の位相差画素としても働き、非常に広い画面の範囲で滑らかで速い位相差AFが可能になっています。

また、EOS 5D MarkIVからはRAW形式のデータにデュアルピクセルCMOSの位相差情報を載せることで、解像感向上など様々な追加機能を利用可能になりました。

常用ISO感度はISO100~32,000。拡張設定で最大ISO102,400を利用可能になっています。画素数をEOS 5D MarkIIIから3割以上増やしながら、常用最高感度の引き上げを行ってきました。

映像エンジンはEOS-1D X MarkIIと同じDIGIC6+を搭載。ただし、機数は1つだけで、その分処理性能には差別化が行われています。

機能面ではEOS-1D X MarkIIとほぼ同等のものが実現できていて、高感度画質の良さはこの新世代の映像エンジンが下支えする形になります。

連写速度は毎秒約7コマと、こちらも画素数を増やしつつ先代のEOS 5D MarkIIIから一段高速化されています。

やはりEOS-1D X MarkIIから引き継いだ新AFセンサーとも合わせ、かなり本格的なスポーツ撮影にも十分に対応が可能になりそうです。

スポンサーリンク
広告大

GPS搭載、液晶パネルも一新

写真のEXIFデータに位置情報を記録可能とするGPSセンサーを搭載しています。こちらは、日本の準天頂衛星「みちびき」やロシアのGLONASSにも対応していて、高い測位精度を期待できます。

背面の液晶モニターは3.2型で約162万画素の高解像度のものに一新されました。タッチパネルも採用して、ライブビュー時のタッチフォーカスなども行えるよう、機能面での強化も果たしています。

CFastカード採用は見送り

将来性などを考えるとちょっと残念だったのは、EOS-1D X MarkIIで採用された超高速メモリカード、CFast2.0の搭載が見送られたことです。

EOS 5D MarkIVの画素数・連写速度であれば現在の高速CFカードで性能は足りるとの判断かもしれませんが、デジタルカメラではメモリカードはどれだけ速くても困ることは一つもないはずですので。

CFastカードがオミットされた理由の一つとしては、このカードの供給面と価格を考慮に入れてのことかもしれません。

価格面ではちょっと高価に

すべての面でEOS 5D MarkIIIのみならず、他社製の35mmフルサイズのメインストリーム機を上回るようなスペックを実現してきたとも言えるEOS 5D MarkIVですが、その分、価格はかなり高めのスタートになっています。

本体のみ40万円+αのプライスタグが付きます。

キヤノンはカメラの価格のコントロールがとても上手いので、恐らくモデル末期まであまり大きく値を下げることなく、これぐらいの価格が維持されると思います。

EOS 5D MarkIIIが30万円ちょっとの価格でしたし、他社のメインストリーム機を見ても、40万円台はちょっと高めに思われます。

もしかすると、EOS 5D MarkIIIの併売や、EOS 6DのMarkIIの発売などもあり得るのかもしれません。

今後のキヤノンの35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフの動向も注目ですね。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です