待望のマクロレンズ登場。LEDライト内蔵EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM

14_03

EOS Mシリーズユーザーには待望の、EF-Mマウント専用のマクロレンズが登場しました。小型軽量な上に、付加価値的機能としてLEDライトを搭載したレンズです。

35mm換算で約45mm相当と、一般的なマクロレンズよりも短めのレンズとなりますが、その分、普通の準標準の単焦点レンズとしての使いどころをカバーする、とてもユニークなレンズになっているかもしれません。

今回はEF-M 28mm F3.5 Macro IS STMをご紹介します。

EF-M初のマクロ

キヤノンではEOS Mシリーズを一眼レフのEOSの方に、初心者ユーザーを導入するための入門機としての位置づけを行ってきたせいか、EF-Mマウントのレンズラインアップがかなり薄くなっています。

ここにきてEOS Mシリーズもシェアを少しずつ伸ばしてきたこともあって、レンズラインアップも少しずつ数を増やし、望遠ズーム、標準ズーム、超広角ズーム、明るい単焦点レンズと、なんとか一通りカバーはされるようになりました。

ですが、最後に一つ残った穴がマクロレンズ。ここをEF-M 28mm F3.5 Macro IS STMがやっと埋める形になりました。

EF-M 28mm F3.5 Macro IS STMは最近のマクロレンズとしては珍しい、準標準の画角を持つレンズです。こういった焦点距離だと拡大率を大きく取ろうとすると、被写体までの距離が非常に短くなるため、撮影はちょっぴり面倒にはなります。

また、カメラや撮影者の体、レンズで被写体に影を作ってしまうケースも多くなるため、そちらの面でも工夫が必要になりがちです。

この部分に関してはEF-M 28mm F3.5 Macro IS STMでは、レンズ先端の形状を工夫したりLEDライトの搭載でカバーしようとしています。

また、重さわずかに130gの軽量かつ小型のレンズで、EOS Mシリーズのコンパクトなシステムにもぴったりマッチします。

スポンサーリンク
広告大

優秀な描写

EF-M 28mm F3.5 Macro IS STMはマクロレンズとしても、普通の準標準レンズとしても非常に優秀な描写性能を持っています。

開放からかなりシャープな画質で、ボケも柔らかく美しいものになっています。

LEDライトは左右独立して点灯が可能で、片方だけをつけて陰影をあえて出すような撮影も可能です。

また、マクロ領域で発生しやすいタイプの手振れにも対応するハイブリッドISが搭載されているので、拡大率を大きく取ったマクロ領域でも撮影の際の余裕が大きくなります。

撮影倍率1倍を超える撮影にまで対応

今の通常のマクロレンズは、撮影倍率1倍(被写体とイメージセンサー上の像の大きさが同じ大きさになる)まで被写体に近寄る能力があるというのが一般的な性能ですが、EF-M 28mm F3.5 Macro IS STMは「スーパーマクロ」モードを備えていて、レンズのスイッチの切り替えで最大1.2倍の撮影を可能にしています。

価格面でも比較的手を出しやすいプライスタグがつけられていて、Amazonでは33,000円程度の価格で販売が行われているようです。

EOS Mのコンパクトさを活かすマクロレンズとして、高画質な単焦点レンズの1本としてもとても魅力的な製品委なっていると思います。

撮影の幅を広げたいときの最初の1本として、適切なレンズの一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする