AMDのCPU王道路線に復帰へ。見えてきた「Zen」のすがた

14_08

AMDはここしばらくCPUに関しては完全にインテルの後塵を拝する形になってしまっていました。

比較的高性能な統合型GPUとの組み合わせで、そこそこの重さのゲームをビデオカードなしで比較的安価なPCでも遊べる、といったすき間的なポジションを狙う形になっていた感があります。

また、この部分を頑張りすぎると、今度は自社の高性能ビデオカードの市場を食いかねない製品でもあります。実際に、統合GPUの性能向上で従来のエントリークラスのビデオカードはほぼ姿を消すことになりました。

このジャンルは1つあたりの利幅は薄いと思われますが、とにかく数が出ることが期待できたジャンルだけに、GPUメーカーの利益構造に大きな影響が出たことは間違いがないと思います。

そんな中、AMDがCPUのマイクロアーキテクチャを大転換します。次のCPUあたりから「Zen」と呼ばれる新アーキテクチャのCPUが登場し、今までのちょっと本筋ではない形のCPUから、今現在の王道と呼べるタイプのCPUに変身するはずです。

今回はこのAMDの新CPUアーキテクチャZenを巡るお話を簡単にまとめてみます。

Pentium4的な今のAMD CPU

完全にPentium4的、とはもちろん言い切れない部分はあるのですが、今のAMDのCPUのアーキテクチャは、絶対性能はCPUのクロックを上げることで稼ぐ方向のCPUになっています。

今のパソコンで支配的なインテルCPUの命令を動かすことが可能なCPUは、かなり面倒な命令の体系をしている影響もあって、CPU自体の作りが極めて複雑化しています。

そんな中でもCPUの消費電力と発熱の増大に直結する動作クロックをあまり上げることなく性能を向上させていくために、よりCPUの中身は複雑で大規模化することを続けており、開発には非常に大きな工数を必要とするようになっています。

AMDは会社規模などの面でインテルには太刀打ちが出来ません。このため複雑化し続けるCPUをインテルと同じようなペースで開発し続けることに無理が生じていました。

こういった理由もあり今のAMDのCPUは、クロック当たりの性能をあまり追求せずCPUの作りをシンプルにして、その分コア数を増やしたり動作クロックを上げやすくすることで、絶対性能を確保しようという方向に舵を切ったものでした。

ですが、結果的には性能を引き上げ続けたインテルのCPUには太刀打ちが出来ず、純粋なCPUとしては、ほぼ敗北と言っていいような状況が続いていました。

スポンサーリンク
広告大

IPC重視に回帰

元々はAMDも、少し前の世代のCPUまではクロック当たりの性能を重視する方向を取っていました。

特にインテルがPentium4で迷走していたときには、クロックあたり性能=IPCでPentium4を大きく上回るCPUを製造、販売し、一般向けパソコンでもサーバーの分野でもインテルからかなりのシェアを奪うことに成功しています。

その後インテルもIPC重視に方針を変更し、その後は圧倒的な開発能力を活かしてあっという間にAMDのCPUを凌駕するCPUを開発しました。

さらにインテル自身が半導体の製造メーカーとしてもトップの技術を併せ持つことを活かして、プロセスの微細化のペースの速さもフル活用する形で現在の高性能CPUでの地位を安泰なものにしています。

現行品ではさすがにCPU性能の面で差が大きくなりすぎてしまったこともあり、AMDも方針を大転換して原点回帰とも言うべき方向に舵を切らざるを得なくなったようです。

また、インテルがここに来て製造プロセスの微細化のペースを大幅に落とし、インテル以外の半導体の製造メーカーがインテルにキャッチアップしつつあることも追い風になっているのでしょう。

Zenは14nmクラスの製造プロセスでの生産が行われます。

現行CPUに比べIPCは40%向上

今のAMDのCPUがIPCを重視していないこともありますが、Zenでは現行のCPUコアよりも4割増しのIPC値を実現すると発表が行われています。

また、最初からかなりハイエンドクラスと思われる8コアCPUを登場させる予定になっています。このCPUは3GHz程度で登場すると予想されていて、インテルのCoreプロセッサのExtremeシリーズをスペック面では脅かすかもしれない存在になるかもしれません。

また、現行のCoreプロセッサシリーズと同様に、SMT(≒ハイパースレッディング)による擬似的に論理コア数を増やすメカニズムも搭載されます。8コア16スレッド対応のCPUが登場する予定になっています。

今後、統合GPUを載せるAPUもZenアーキテクチャに以降の予定で、しばらくは辛い状況が続いていたAMDのCPUにもようやく春が訪れるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です