まさか?!が本当に。あのペイント、3D化を果たす

1ヶ月ほど前、Windows 10のインサイダープレビュー版向けのストアアプリに「Paint 3D」というタイトルが発見されました。まさか「あのペイント」が3D化?!ということで、ちょっとした話題になりました。

なんとそれが現実のものとなってしまうようです。

「Paint 3D Preview」の公式サイトも立ち上がり、英語圏の一部の国のプレビュー版ユーザーがPaint 3Dを利用可能になっていたのです。

ただ、当初は利用可能な国が限られ、日本はその対象外となっていたために正規の手順では3D版Paintを利用できない期間が続いていました。

それが、ついこの間から配信が開始された最新のWindows 10インサイダープレビュー版で状況が一変。Windows 10のプレビュー版にPaint 3D Previewが標準で添付されるようになったのです。日本のユーザーも遂にPaint 3Dの試用が可能になりました。

今回はこのPaint 3Dの機能をザッと紹介します。

2Dのお絵かき機能も一新

Paint 3Dは名前こそ「ペイント」ですが、中身は従来のペイントとはまるで別物です。完全に新作のアプリとして1から作り直されたものだと思います。

2Dのお絵かき機能もルック・アンド・フィールからして、完全に異なる作りです。

15_02_01

ボタンなども大きく見やすくなり、指先でのタッチ操作による使用を大きく意識した作りになっていると思われます。

スポンサーリンク
広告大

「当たり前」に使える3Dオブジェクト

3D機能はユーザーが本格的に、高度な3Dのオブジェクトを組み立てられるような機能は搭載していません。

プリセットなどの既存の3Dのオブジェクトを配置して手軽に3Dを楽しむ、というのが目的のアプリと考えた方が良さそうです。

15_02_02

プリセットの3Dオブジェクトの種類は少ないのですが、ネットで3Dデータの配信サービスを行っている「Remix 3D」とマイクロソフトが協業を行うことが既に発表されていて、そちらのサービスからデータを取ってくる仕組みが既にPaint 3Dにも組み込まれています。

このような既存のデータで「遊ぶ」ことを主眼に置いていると思われます。

また、2017年頭に予定されているCreators Updateのイメージビデオでは、携帯電話のカメラによる3Dスキャナ機能も予告されており、そういった機器で作り出した3Dのデータの活用も視野に入っているものと思われます。

ただし、今時点ではRemix 3D側が日本のMicrosoftアカウントに未対応の模様です。

15_02_03

テクスチャーの貼り付け機能も

Paint 3Dの3D機能はかなり基本的な機能ばかりですが、3Dのオブジェクトに絵柄を貼り付ける機能はしっかりとサポートされています。

操作性は非常に優秀で、絵柄をオブジェクトに重ねるだけで、「ペタッ」という感じで簡単に張り付いてくれます。

15_02_04

文字の3D化も簡単

3D文字も簡単に作成できて、他の3Dオブジェクトと同様に、自由自在に回転などが行えます。

15_02_05

2Dの文字も作れますが、こちらはキャンバスに絵柄として描き込まれてしまって、あとからの編集がほぼ行えません。

それに対して3Dの文字は絵柄ではなく「図形」データとして記録されるため、あとからある程度の編集操作も受け付けます。

3Dプリント対応?

面白いところでは印刷コマンドに「3D print」の文字があるところです。

15_02_06

中身を見ていくと3Dプリントサービスを利用する形になりそうなのですが、日本ではどのような対応になるのか興味のあるところです。

まとめ

Paint 3Dはプレビュー版ながら既にかなりの完成度で、何より触っていてとても楽しいアプリです。

マイクロソフトが3Dに対する多くの人のイメージ「なんだか難しそう」、を一変させる目的もあってとても軽快で楽しいアプリを目指したのかもしれません。

現在はまだWindows 10のプレビュー版でしか利用できないため、お試しもちょっと敷居が高いのですが、来年早々には次の大規模アップデートに載っかる形でPaint 3Dもやってくるはずです。

多くの人にこの楽しさを感じてもらいたいところです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする