2016-02

スポンサーリンク
カメラ

オリンピックイヤーはプロ機更新の年。EOS-1D vs D一桁機再び

016年の今年はリオデジャネイロオリンピックが開催されます。そして夏のオリンピックが開催される年は、キヤノンとニコンのプロ機のフルモデルチェンジの年でもあります。 今年もその例に漏れず、両社ともかなりのスペックを携えた新機種を投入して...
カメラ

ニコンユーザ待望、遂に登場APS-CフラッグシップD500

ニコンでは、デジタル一眼レフの製品展開で、最近は完全にハイアマチュア・プロ機とエントリー・ミドルクラスの棲み分けが行なわれていた感じがあります。 ハイアマチュア・プロ機は35mmフルサイズ、エントリークラスからミドルレンジまではAPS...
パソコン

広帯域メモリの急先鋒HBM、いよいよ本命のHBM2が登場へ

2015年、AMDがRADEON Furyシリーズに採用して話題となったHBM(High Bandwidth Memory)、2016年にはついに本命と目されるHBM2が登場します。 HBM2ではDRAM自体の製造メーカーも複数になり...
パソコン

むしろこちらがオススメ機種?Surface 3は好バランスの傑作機

マイクロソフト自らが製造・販売を行うタブレットパソコンのうち、メインストリームラインとなると思われるのが、Surface 3です。 Surface Pro 4は非常に高性能で使用感も大変良い機種ですが、その分、今のパソコンとし...
パソコン

マイクロソフトの考えるタブレットPCのあるべき姿?Surface Pro 4

Surface Pro 4はマイクロソフト自らが作り上げたWindows搭載タブレットパソコンです。このマシンにマイクロソフトが考える理想のタブレットパソコンのカタチへの思いが込められているのかもしれません。 じっくりとSur...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました