キュレーションメディア騒動があぶり出した検索エンジンの弱点

今は多くの人が何か知らないことを調べようと思ったら、まずは「ググってみる」というケースが多いのではないでしょうか。著者は完全にそういう生活になってしまっています。

何か困ったことがあって解決策を探す場合にも、ほとんどのケースではネットのどこかに同じことで困って既にそれを解決した方が存在しています。先達の知恵を拝借することでほとんどの問題には対処できるありがたい状況になっています。

ですが、2016年末にかけて大問題となったキュレーションメディアと呼ばれるネットメディアのゴタゴタで、Googleをはじめとする検索エンジン弱点的なものも白日の下にさらされることになりました。

今回はこの辺りの事情を少し詳しくまとめてみます。

検索結果の表示順と内容の善し悪しには相関関係なし

まずこれが一番重要なところです。

Googleで検索した結果の表示順序と、そのページに書かれている内容の善し悪し・正しい/正しくないといったこととの間には、全くと言っていいほど関係がない、ということです。

Googleの検索システムではページに書かれている「意味」は理解していません。というよりも今のコンピュータに言葉の本当の意味を理解することは出来ません。

検索結果の表示順は対象となるページの形式やアクセスされる度合い、他のページからリンクされている数など、非常に機械的に算出されたものになっています。

内容に致命的な間違いがあったとしても、これらのGoogleが決めた形式に上手く合っていれば、そのページは検索結果上位に表示されます。これが現状の検索エンジンです。

この部分は是非頭に置いておいてください。

スポンサーリンク
広告大

SEO

キュレーションメディア騒動の中でこの単語を目にした方も多いかもしれません。SEO。

これは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った言葉で、上で述べた検索エンジンがページの表示順(ランク)を決めるロジックを経験則から推測して、対象のページを検索結果の上位に表示しやすくするためのWebページの作り方です。

Googleなどでもかなり高度なランク決めのルールを作っているはずですが、既にそれが解析し尽くされたと言っても良い状況になっていて、検索順位を上げるためだけのWebページの調整を行う業者も存在するぐらいの状況になっています。

それぐらいに今は検索エンジンでの表示順位が、極めて重要視されるような状況になっているわけです。加えて、検索順位がGoogle以外の人間の手によって恣意的にコントロールもされている状況とも言えます。

騒動の中で問題となったサイトでは、ページに記載された内容に多数の問題があったにも関わらず、検索結果では常に上位に表示されていました。徹底的に行われたSEOの手法により、検索エンジンの弱点が図らずも明らかにされてしまったような形です。

本当の意味のリテラシが求められる世界

ネットの世界にたくさんあるデータは、みごとなまでに玉石混淆となっています。データの質の高低、内容の真偽、全部見事にばらばらといっていいでしょう。

その中から正しい情報を引き出すには本当の意味での「リテラシ」と言われるものが要求されるようになっている、と考えることもできます。

まずは検索を行う前には、どんなデータも疑ってかかる、ぐらいのスタンスの方が安全かもしれません。

人間は心理的には、疑わしいデータでも自分の望む方向性のものならば鵜呑みにしてしまう傾向もあるようですから。

「ノイズ」を省いた検索を行えるサービスも

Googleの検索は実は非常にたくさんのオプションを付けることが出来るようになっていて、上手く使うと信頼性の高い情報を提供してくれると思われるサイトだけに検索対象を絞るといったことも出来ます。

代表的なところでは、大学のサイト「~.ac.jp」や政府関連の機関「~.go.jp」などです。

こういった絞り込みを行ってキュレーションメディアやAmazonのレビューなど、調べ物をするときには「ノイズ」になりやすい検索結果をフィルターする仕組みを提供してくれるサイトがあります。

結果的にはオプションを付けたGoogle検索になるのですが、その追加の手間を代行してくれて、普通の検索を行うのと同じ手順で検索が行えるサイトです。調べ物でなかなか1次情報にたどり着けないときなどには、こちらのサイトを利用するのも良いと思います。

=> ノイズレスサーチ

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする