マイクロソフトから「初」の純ノートPC、Surface Laptop登場

先日マイクロソフトは13.5型ディスプレイパネルを備えたクラムシェル型のパソコン、Surface Laptopを発売することを発表しました。

6月15日からは日本でも予約が開始されます。

そして意外かもしれませんが、これが実はSurfaceシリーズでは初の純ノートパソコンとなります。

今回はSurfaceシリーズの新顔、Surface Laptopを取り上げます。

スペック

Surface Laptopはとてもシンプルな機種構成で、上位と下位の2機種しか存在しません。

どちらもCPUは同じもので、第7世代のCoreプロセッサを搭載します。スペックが異なるのはメインメモリとストレージの容量だけで、上位機種は8GB/256GB、下位機種ではこれが4GB/128GBに小さくなります。

画面は13.5型で縦横比2:3のパネルが使われ、解像度は2,256 x 1,504ドットとかなり高解像度です。

インタフェースポートは一通り揃っているような印象ですが、残念ながら有線LANポートがなさそうです。またUSB3.0はType-A形状で1つだけの模様。使い方によってはUSB HUBを持ち運ぶ必要があるかもしれません。

また、Type-C形状のコネクタやUSB3.1の搭載は見送られています。

液晶パネル面はタッチ操作に対応していて、10点タッチやSurface Penが使えます。

サイズは約308mm x 223mmと、A4サイズより一回り大きめ。15mmを切る薄さが実現されています。重量は1.25kgあるのですがフットプリントが大きめな筐体のため、手にすると逆に軽く感じられるPCかもしれません。

特徴的なのはキーボード面にアルカンターラの柔らかな合成皮革素材を採用しているところです。高級自動車などにも採用される高級素材で、柔らかな手触りを実現します。

スポンサーリンク
広告大

OSには話題のWindows 10 Sを搭載

Surface LaptopはOSにはWindows 10 Sを搭載します。

文教ジャンル向けと目されるエディションのため、Surface Laptop自体も文教用途をターゲットに置いているのは間違いがないでしょう。

ただ、Surface Laptopは下位機種でも日本では12万円以上の価格がつくため、年齢の低い生徒向け、というイメージにはなりませんね。

どちらかと言えばビジネスパーソン向け?

Surface LaptopのOSは2017年内に限り、無償でPro版にアップグレードできる権利がついてきます。本体の価格がやや高価なこともあり、どちらかというと学生よりもビジネスパーソンをターゲットに据えたPCのようにも見えます。

2in1 PCも使い慣れるととても便利ですが、日本ではまだまだ、特にビジネスユーザーはノートパソコンを選ぶイメージがあります。

そういう点ではSurface Proよりもこちらの方がすんなりと受け入れられることになるかもしれません。

Windows 10 Sは機能面ではPro版により近く、さらに端末管理を容易にする機能制限が入ったような形です。このため、中にはPro版にエディションアップせず、Sのまま使い続けるビジネスユーザーも現れるかもしれませんね。

価格的には新Surface Proのエントリー寄りとオーバーラップ

Surface Laptopはエントリー機寄りの新Surface Proと価格面でオーバーラップします。このため選択に迷うユーザーも出てくるかもしれません。

Surface Proには2in1 PCならではのフレキシブルな使い勝手がありますし、Surface Laptopにはより大きなディスプレイとしっかりしたキーボードがあります。単純な性能で考えると、Surface Laptopのほうがコストパフォーマンスは高いかもしれません。

この辺りを基準に2機種の選択をすることになるのでしょうか。

どちらも非常にしっかりした機種であることは容易に予想できますので、どちらを選択しても後悔することはないでしょう。この部分は安心して良さそうです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする